美白&美肌になる方法。美白のための食べ物、成分、スキンケア方法まとめ

透明感のある美しい肌…

誰もがそんな肌になりたいですよね。

透明感のある肌は年齢も感じにくいですし、疲れや年齢が顔に出ているなぁと感じる人はぜひ

自分のスキンケアを見直してみてくださいね!

美白&美肌とはどんな肌?


ただ単に真っ白な肌では美しい肌、とは少し違ってしまいます。

シミやくすみがなく、日焼けもしていない、滑らかで均一な肌の色、肌の健康状態を含め、ただ白いだけの肌では透明感のある肌は作れません。

美白美肌を作るには、水分量が重要なカギになっています。

この水分量が不足してしまうと肌のくすみだけでなく毛穴の開きまで出てしまうのです。

美白美肌を作るにはどうしたら良いの?


では、どうしたら水分をしっかりと保持した美しい白肌が作れるのでしょうか?

日々の丁寧なスキンケアで美白美肌を作りましょう!

ここでは大切なポイントをいくつかし説明していきます。

古い角質をしっかりと除去しよう!

肌の角質部分に注目してみましょう。

角質とは皮膚表面の薄い層のことで、この薄い層は肌のターンオーバーで28日ごとに肌が新しく生まれ変わるに当たって剥がれ落ちていきます。

ターンオーバーの28日サイクルが乱れてしまうと肌トラブルを生みやすくなり、角質層がきちんと剥がれないことで化粧品の有効成分もきちんと入らなくなります。

定期的にきちんと角質を落としておくことも大切です。

クレンジングや洗顔も大切!有効なケア方法紹介

メイクを落とさずに寝てしまったり、落としたつもりでも汚れが残ったままの肌は負担がとても大きくなってしまいます。

毛穴の詰まりを感じたら、蒸しタオルなどを作って顔に当て、毛穴を開かせてから洗顔する事をオススメします。

毎日でなくても良いのでたまのケアにするだけでも随分変わりますよ。

また、化粧水でしっかり保湿をした後はその水分が蒸発しないようにしっかりと乳液でフタをしてあげることも大切です。

美白化粧品は正しく使おう!

美白の専用商品は透明感を作るのに欠かせません。

しかし、その使い方を正しく守らないと効果がないどころか劣化も招いてしまうことはご存知でしたか?

例えば、「夜用」と書かれている商品は、

・ビタミンC
・アルブチン

が含まれていることが多くあります。

これらは紫外線に非常に弱く、紫外線に当たることによって劣化してしまうので朝の利用には向きません。

良かれと思って夜も朝も利用してしまうと肌への思わぬ負担になったり、劣化を招く事もあるので使い方には十分注意しましょう。

重要なポイントは紫外線対策


その他にも美しい白肌を目指すに当たって注意したいのが紫外線です。

夏はもちろん、一年中注意を怠らないことが大切です。

夏はもちろんですが、春秋の対策も重要になってきます。

夏以外の季節でも肌にダメージを与えるには十分な紫外線が出ていることがあるのです。

冬の紫外線対策は慎重に

冬は紫外線は多少減るものの、とても乾燥しやすい季節です。

乾燥していると肌のバリア機能も低下し、そこに紫外線を浴びると肌へのダメージは深刻なものになってしまいます。

しかし、やみくもに年中べったり日焼け止めを塗っていても必要以上の日焼け止めは逆に肌への負担になってしまうので、季節に合わせて日焼け止めも選びましょう。

美白をら作るための良い食べ物とは?!


美白の大敵は紫外線、日焼けですね。

では日焼けをしてしまった場合、メラニンが作られたところに還元作用を持つ成分や代謝を促すことが大切です。

スキンケアや化粧品で外からケアすると同時に内側の働きも強化していく事は大切です。

体内からも栄養で補っていきましょう。

どんな栄養が良いのか?

では、具体的にどんな栄養が美白に良いのでしょうか?

肌はストレスや日焼けなどのダメージを受けると活性酸素を大量発生します。

したがって抗酸化成分を積極的に摂取しましょう!

美白効果や抗酸化作用の高い栄養成分としては、

 

ビタミンC

水溶性のビタミンでメラニンの還元作用が高いです。

・柑橘類
・トマト
・パプリカ
・アセロラ

などに多く含まれます。

 

ビタミンE

脂溶性のビタミンで

・ナッツ類
・アボカド
・エゴマ

などに含まれます。

 

β-カロチン

体内でビタミンAに変化し、目や粘膜の機能を保つ効果もあります。

・人参
・カボチャ
・ブロッコリー

などに含まれます。

 

L-システイン

代謝を促すメラニン生成の抑制、皮膚に沈着したメラニン排出します。

・大豆
・小麦胚芽
・はちみつ

などに含まれます。

 

リコピン

抗酸化力にすぐれていて

・トマト

に多く含まれます。

 

アスタキサンチン

抗酸化力に優れていて、メラニンの抑制効果があります。

・サーモン
・エビ
・カニ
・いくら

に含まれます。

 

エラグ酸

抗酸化力高く、メラニン抑制効果があります。

・ざくろ
・ベリー系

に多く含まれます。

これらが食品から取れる美白におすすめの栄養です。

美白化粧品を選ぶときのオススメ成分


では、次に美白化粧品を選ぶ際のオススメ成分について紹介します。

ビタミンC誘導体

メラニン生成を阻害し、メラニンの還元作用があります。

肌が乾燥しやすいので保湿力の高いものとセットで使うと効果を上げることができます。

ハイドロキノン

シロチナーゼ活性化阻害、メラニンを薄くする、還元する効果があります。

「肌の漂白剤」とも呼ばれており、効果が高いぶん刺激も強いので様子を見ながら利用しましょう。

 

トラネキサム酸

メラニン色素の生成を抑える、炎症を抑える効果があります。

美白だけでなく、肝斑や肌荒れにも効果的です。

 

アルブチン

植物由来の成分で、シロチナーゼに直接作用してメラニンを抑える効果があります。

肌に吸収されるとハイドロキノンに変化してメラニンを除去します。

ハイドロキノンよりは刺激が少なく、安定しています。

プラセンタエキス

胎盤からの抽出エキスです。

シロチナーゼを抑制して、代謝や血行を促進。

肌のターンオーバーも活性化してくれるので、化粧品だけでなく食事だけでまかなえないときに、サプリメントとして取り入れるのもオススメです。

ただ白いだけでなく健康的な美しい肌を作って美白美肌を作りましょう!

日々の食事や化粧品を選ぶ際、スキンケアの参考にして下さいね!


関連記事


プラセンタサプリ人気&おすすめランキングを大公開!!