敏感肌の人にしてほしいとっておきの保湿方法とは?

肌が刺激に弱い状態となってしまう敏感肌。

敏感肌の人にとって、保湿が重要だとご存じですか?

どんな保湿方法をするかによって、敏感肌の状態が変わってきます。

敏感肌にぴったりな保湿方法を身に着けて、肌状態をアップしましょう。

敏感肌には保湿が重要

敏感肌とは?

化粧品をつけたり髪の毛が肌に触れたりするだけで、肌が赤くなったりヒリヒリしたりしてしまう敏感肌。

肌には外的刺激から肌を守るバリア機能があるのですが、敏感肌はそのバリア機能が低下した状態となっています。

そのため、少しの刺激で肌トラブルを起こしやすくなってしまいますよ。

敏感肌になる原因には、

・肌の乾燥
・間違ったスキンケア
・食生活の乱れ
・睡眠不足
・化学物質の影響
・ストレス
・アレルギー

など、様々なものがあると言われています。

敏感肌に保湿が重要な理由

敏感肌の改善には、肌のバリア機能を整えることが効果的。

肌のバリア機能は、肌が乾燥すると低下すると言われています。

しっかりと保湿ケアをして乾燥を防ぐことで、肌のバリア機能をアップすることができますよ。

正しいスキンケアをすることで、肌の新陳代謝を整え、新しい健康な肌へと生まれ変わるのを促すこともできます。

敏感肌の人にオススメな保湿方法

保湿前にしてほしい洗顔方法

保湿をする前に、肌と手をきれいにしておきましょう。

肌の汚れや老廃物などの不要なものがなくなると、保湿成分の吸収率もアップしますよ。

敏感肌の人にとって、正しい洗顔方法をすることも重要です。

皮脂や角質は、肌を保護してくれる大切なもの。

必要な皮脂や角質まで洗い流してしまうと、肌が乾燥したりバリア機能が低下したりしてしまいますよ。

洗顔料はマイルドな効果のものを使用して、肌を刺激しないようにしましょう。

洗う時にも摩擦を避け、やさしく洗ってくださいね。

洗い流す時には、ぬるま湯を使用してしっかりと洗い流しましょう。

化粧水の選び方

敏感肌の人にとって、肌を保湿してくれる化粧水は欠かせません。

洗顔後には肌の水分が蒸発していってしまうため、すぐに化粧水をつけるようにしましょう。

化粧水は、肌に刺激の少ないものを選ぶことが第一。

界面活性剤など肌を刺激する化学物質が、できるだけ入っていないものを選ぶようにしてください。

肌の乾燥を防ぐためには、保湿効果の高い

・セラミド
・ヒアルロン酸
・プラセンタ

などがオススメ。

セラミドには細胞間脂質という層に水分を挟み込む性質があるため、肌の水分をしっかりと保ってくれます。

ヒアルロン酸には水分を抱え込む性質があるため、肌の水分を逃がしません。

プラセンタには水分に吸着する性質があるため、肌の水分を守ってくれますよ。

化粧水のつけ方

化粧水をつける時には、肌に刺激を与えないようにすることが大切。

こすったり、パッチングしたりするのを避け、優しく丁寧につけていきましょう。

コットンの繊維などが肌への刺激となってしまうことがあるので、手で行うのがオススメ。

清潔な手に化粧水を適量とり、両手の平をこすり合わせて化粧水を広げます。

化粧水が手の平の熱でひと肌程度に温まったら、肌につけていきます。

つける時には、両手の平で肌を包み込むようにしてつけていきましょう。

乳液・クリームなどの選び方

化粧水だけだと時間がたつごとに水分が蒸発してしまうため、化粧水をつけた後には乳液やクリームなどをつける必要があります。

できるだけ保湿効果の高いものを選ぶようにしましょう。

敏感肌の人には、刺激が少なくて保湿効果の高いワセリンがオススメ。

ワセリンは、肌の表面に油の膜をつくって水分を逃がさないように閉じ込めてくれますよ。

油の膜は、ほこりなどの外部刺激からも守ってくれます。

乳液・クリームなどのつけ方

乳液やクリームも、肌に刺激を与えないように優しくつけましょう。

つけ忘れのないよう、細部まで丁寧につけていってください。

化粧水よりもこってりとした質感のものが多いので、つける量は自分のお肌に合わせて調整してくださいね。

保湿ケアの注意点

保湿ケアは、自分の肌の状態に合わせて行うようにしましょう。

敏感肌の状態が酷い場合には、できるだけシンプルなケアにすることがオススメ。

化粧水やクリームなどの成分も、シンプルなものを選びましょう。

香料や着色料などが入っていないものがオススメですよ。

今まで使っていた化粧品が急に合わなくなることもあるため、様子を見ながらケアしてくださいね。

肌への刺激を避けることが大切ですよ。

まとめ

敏感肌の人にとって、肌の乾燥を防ぐことはとても重要。

保湿効果の高い化粧水やクリームなどを使用して、乾燥を防ぐようにしてくだだい。

保湿ケアをする時には、肌に刺激を与えないように注意してくださいね。

敏感肌は肌の状態が変わりやすいので、自分の肌の状態に合わせてケアを行いましょう。


関連記事


プラセンタサプリ人気&おすすめランキングを大公開!!