腸内フローラって何?乳酸菌との関係性は?

私たち人間のカラダは本当に不思議です。

とても上手くできていて、その中で生きている細胞や(細)菌のひとつひとつが協力(中には戦ってくれているものも)し合って、健康な毎日を作り出してくれているのです。

とても奇妙な話にも思えますが、約60兆個と言われている人間の細胞数をはるかに10倍ほど上回る細菌が私たちの体で生きているのです。

そしてその細菌により、私たちのカラダは上手にコントロールされています。

細菌たちの家は

・口
・鼻
・胃
・小腸
・大腸
・皮膚
・膣

などだと言われています。

乳酸菌の話題になると最近話題に上がるようになった腸内フローラ。

腸内フローラとは何を意味しているのでしょうか?

腸内フローラとは


とりわけ、小腸や大腸ではその数が多く、それらは種類ごとにグループに分かれて、壁面で生活をしているのです。

そんな腸の壁面に生きる場所を見つけている細菌たちですが、その様子を「腸内フローラ」と名付けています。

どうしてその名前が付けられたのかと言うと、そこが現実世界の「お花畑(英語でフローラ)」そっくりだからだそうです。

さて、そんな腸内のお花畑ですが、そんなイメージをよそに、実は体に悪さをする菌も存在していて、細菌の種類は3つに分けられることがわかっています。

腸内細菌の種類

善玉菌

人間の体にとって有益な菌で、悪玉菌の侵入や増殖を防いでくれます。

ビフィズス菌や乳酸菌が主な細菌です。

悪玉菌

人間の体に悪さをする菌で、腸内で有害物質を作り出します。

主な細菌としてブドウ球菌やクロストリジウムが挙げられます。

日和見菌

善玉菌、悪玉菌のどちらにもなれる菌を指します。

健康状態や腸内の環境によって、体に悪さをする悪玉菌になります。

大腸菌やバクテロイデスがその主なところです。

腸内フローラの理想


先ほどの通り、人間の体には実に多くの細菌が存在しています。

その種類や数は人によって異なり、今まで食べてきたものや生活習慣など様々な要因によります。

理想的なお花畑

ではどんな菌がどれくらい居ればちょうど良いのかと言うと、だいたい善玉菌が2割、悪玉菌が1割、残りはどっちつかずの日和見菌で、2:1:7が最もバランスのとれた理想形だとされています。

健康な人であれば、このバランスはほとんど保たれていて、もし悪玉菌が増殖しようとしてもそれを自然と善玉菌が抑えてくれることになります。

悪い腸内環境が引き起こす症状

しかしながら、健康な腸内フローラは必ずしも維持はされません。

・年齢による衰え
・食生活
・ストレス

などによりそのバランスが崩れると、善玉菌よりも悪玉菌が優位になり、有害物質も増えてしまうのです。

ガスがたまりおならが臭くなったり、便通が悪くなったり、またその影響で有害物質が腸内だけでなく体の様々な臓器に負担や害を与えます。

その結果、

・生活習慣病
・肌荒れ
・痩せにくく太りやすい体質になる

またひどい場合はガンなども引き起こしてしまうのです。

乳酸菌のチカラ


腸内フローラを保ちましょう!

腸は第二の脳と呼ばれていますが、本当にその通りで、腸を守ることはそのまま体を守ることにつながるとも言われています。

食生活の変化による腸内環境の悪化

近年では欧米文化の流行もあり、食生活や生活習慣が大きく変わりました。

中でも食生活の変化というのは目まぐるしいものがあり、その結果、腸の病気は多様化しまたその程度も重症化したと考えられます。

では、腸内の環境を整え、いつでも2:1:7の元気な腸内フローラを保つためにはどうしたら良いのでしょうか。

改善のヒントは乳酸菌にあり

乳酸菌のすごいところは、乳酸を作り出すことで、悪玉菌が苦手とする弱酸性の環境を腸内につくり出し、悪玉菌の定着や増殖を防いでくれるのです。

理想の腸内フローラを保つには、乳酸菌のチカラが必要なのです。

オススメの乳酸菌の摂取方法


腸内フローラの維持のために乳酸菌が欠かせないことはおわかりいただけたでしょう。

では、そんな乳酸菌を積極的に摂り入れたいと思った時にどうしたら良いのでしょうか。

自分の体質に合ったものを選ぶ

まず、自分に合った取り入れ方をしっかりと確立することが大切です。

どんなに良い方法に巡り合っても、続けられず気が向いた時にだけ取り入れるとなれば、それは良い方法とは決して言えません。

何事もそうですが、続けることが大切です。

ですので、手軽でこれならばちゃんと続けられると思えるものを見つけることが大切です。

サプリメント

一番手間がかからず比較的簡単に乳酸菌を取り入れられるのがこのサプリメントです。

ただし、非常にたくさんの商品が世の中に出ているため、その見極めは慎重さが必要です。

口コミや成分表を参考にしながら、自分の症状にあったものを選んでいただきたいです。

ヨーグルト

さて、乳酸菌といえば、何といってもヨーグルトですよね。

ヨーグルトには100ml当たり1億個の乳酸菌が生きているとされています。

美味しく摂取することができます。

またはちみつもお腹のお花畑に貢献してくれるので、一緒に食べればますます理想形に近づけるでしょう。

食品

乳製品のほか発酵食品に多く含まれ、味噌や醤油にもはいっていますので、摂ろうと思えばかなり幅広い食品から摂取することが可能です。

日本食はヘルシーとして海外からも熱い視線を送られています。

家庭内菜園ならぬ、体内菜園、お腹の中のお花畑を育てるつもりで、ぜひ積極的に乳酸菌を摂ってみて下さいね。


関連記事


プラセンタサプリ人気&おすすめランキングを大公開!!