プラセンタ注射の方法とは?筋肉注射と皮下注射の違い

プラセンタサプリやドリンクよりも即効性があり、効果を感じやすいことから人気のプラセンタ注射

プラセンタ注射に使われる製剤には大きく2種類があり、注射方法もいくつか存在します。

それぞれにメリット・デメリットがあり、中にはおすすめできない注射方法もあるため、正しい知識を身につけておきましょう。

 

プラセンタ注射の種類の違い

ンタ製剤となっています。

注射方法は

・皮下注射
・筋肉注射

の2つです。

 

ラエンネック

ラエンネックは、日本生物製剤株式会社が販売しているプラセンタ製剤です。

肝炎や肝硬変など、肝機能障害の治療にも用いられます。

分子分画法という、フィルターを通して有効成分だけを取り出す抽出方法を使っているため、分子量が大きく高濃度のプラセンタ製剤となっています。

注射方法は皮下注射と筋肉注射の2つです。

 

メルスモン

メルスモンは、プラセンタ専門メーカーであるメルスモン製薬が販売しています。

更年期障害、乳汁分泌不全の治療にも用いられます。

メルスモンの抽出方法は加水分解法というもので、強い酸でプラセンタを分解したあとに長時間高熱で分解させるため、有効成分も一緒に壊れてしまう場合があります。

メルスモンの注射方法は皮下注射のみです。

 

 違いはあるの?

2つの製剤は抽出方法によってプラセンタの濃度に違いが出ます。

また、製造過程でどの栄養素が残るかは、メーカーによってさまざまです。

医療目的の場合は、更年期障害にはメルスモン、エイジングケアにはラエンネックなど、医師によっては使い分けることも。

しかし、美容目的の使用の場合は、大きな効果の違いはありません。医師と相談の上、どちらを使うか決めましょう。

 

 

プラセンタ注射の方法

プラセンタ注射の方法は、主に筋肉注射と皮下注射の2種類です。

筋肉注射

皮膚の下にある筋肉層に注射する方法です。筋肉層には血管が多いため、薬剤の吸収速度が早く、浸透しやすいのが特徴です。

吸収率がいいため、皮下注射よりもたくさんの量を注射することができ、即効性を求める人におすすめです。

また、比較的効果が長続きしやすいのもメリット。

ただし、皮膚の深い部分に打つため痛みが強く出やすいです。

腕やおしりなど筋肉の多い場所に打ちますが、内出血しやすく、打ったあとも痛みやだるさを感じやすいといった面もあります。

 

皮下注射

いわゆる予防接種などのように、皮下組織に注射を打つ方法です。

筋肉注射と比べると痛みが少なく、費用も筋肉注射より安いところが多いです。

皮下組織には血管が少ないため、吸収速度はゆっくりで、血中濃度が長時間保ちながら穏やかに効いていきます。

ただし、筋肉注射と比べると吸収率が悪いため、一度の注入できるプラセンタ量は少なくなります。

肩こりがある場合は肩に、腰痛がある場合は腰に、ニキビが気になる場合は顔に打つなど、効果を求める部位を選んで打つことが可能です。

 

 

注意が必要な注射方法


プラセンタ注射で認可を受けているのは、先にご紹介した筋肉注射と皮下注射の2つのみです。

しかし、病院によってはその他の方法が暗黙の了解で行われていたり、勧められたりすることもあります。

認可を受けていない注射方法についてお知らせします。

 

点滴(静脈注射)

点滴のことを静脈注射と言いますが、直接静脈に製剤を流し込むため、吸収率は皮下注射の5倍にもなります。

そのため、即効性を求める人に使われることもあるようです。

しかし、数時間で体外に排出されてしまうため持続性がありません。

さらに、一気に製剤を抽出することで血圧の低下やショック症状などの副作用が起きる可能性も。

 

 カクテル注射

カクテル注射とは、プラセンタ以外にビタミンCやパントテン酸などの美容成分を混ぜて点滴を打つというものです。

点滴同様、体内にとどまる時間が短いのであまり意味がありません。

プラセンタ単体で打つより費用がかかる上、相互作用で思わぬ副作用が引き起こされる可能性も。

 

 注射方法は慎重に選ぼう

何もわからないままプラセンタ注射を打ちにいくと、これらの危険な方法を勧められるがままに受けてしまいかねません。

プラセンタ注射を打つ前に、それぞれの方法のメリットだけでなく、デメリットや副作用の危険性についてしっかり説明してくれる病院を選ぶようにしましょう。

 

 

プラセンタ注射の受け方

最後に、プラセンタ注射の受け方についてです。どれぐらいの期間と回数続ければいいのか、費用など、気になる部分を解説します。

 

期間と回数

プラセンタ注射では1回に打つ量を1アンプルと言い、1回につき2〜3アンプル打つことも可能です。

5アンプルまでは打つ量に応じて効果も高まります。

ただし、治療目的で打つ場合は1回につき2アンプルまでと決められています。

プラセンタを1回打つと効果は2〜3日続くため、週に2回程度のペースで注射を打ちます。

これを1ヶ月から2ヶ月続け、効果が出てきたら週に1回に調整します。

プラセンタ注射に即効性はなく、長期間継続することが前提となります。

また、1回に5アンプル以上など量をたくさん打つことにあまり意味はなく、あくまで頻度が大切。

体内のプラセンタ濃度を高く保ちつづけることが重要なのです。

そのため、毎週注射を打ちに通えるのかをしっかり考える必要があります。

また、プラセンタ注射は治療目的で何十年も打ち続ける人もおり、長期間の使用で問題が出るということはありません。

 

費用

プラセンタ注射は、美容目的の場合自費診療となります。

一般的に、1アンプル1,000〜2,000円程度の病院が多いです。

病院によっては、コースにしたり、回数券をまとめ買いをしたりすることで割引になることも。

例えば1,500円の注射を毎回1アンプル、週に2回打つと一ヶ月に12,000円です。

自分の抱えている悩みに対して、これを安いととらえるか高いととらえるかは人それぞれ。

継続していけるかどうかをしっかり考えてから受けるようにしましょう。

 

 

プラセンタ注射は正しい方法で受けよう

このように、プラセンタ注射を受ける際は、製剤の種類や注射方法にいくつかの選択肢があります。

自分に合った方法を見つけ、不安なことがあったら医師に相談しながら、正しく安全に使うようにしましょう。

 


関連記事


プラセンタサプリ人気&おすすめランキングを大公開!!