プラセンタの安全性は大丈夫?副作用は?

プラセンタの原料となるのは、人間や豚・馬の胎盤です。

そのため、使っても本当に安全なのか?と不安になる人も多いでしょう。

プラセンタの安全性と使用した際に起こりうる副作用についてまとめました。

 

プラセンタの安全性について

プラセンタの主な材料は、

・ヒト由来のもの
・馬や豚由来のもの

に分けられます。

それぞれの安全性について見ていきましょう。

 

ヒトプラセンタの場合

プラセンタ注射の材料になるのがヒトプラセンタです。

ヒトプラセンタには、国内の病院で出産した人間の胎盤が使われています。

対象となるのはエイズや肝炎などの感染症がない場合のみで、母親の同意を得た上で利用されます。

さらにそこから高温加熱などの徹底した安全処理が行われ、ウイルスや菌による汚染がないかどうか、厚生労働省の認可を受けた各製薬メーカーで厳しくチェックが行われているのです。

さらにプラセンタに含まれる血液やホルモンは完全に除去され、タンパク質はアミノ酸レベルまで分解されるため、ステロイドホルモンや狂牛病の原因となる感染性タンパク質の影響もなくなります。

ヒトプラセンタにおいて感染症が起きた例は、これまで国内外で一例もなく、安全性は高いと言えるでしょう。

 

馬・豚プラセンタの場合

次に、プラセンタサプリやドリンクの材料となる馬や豚プラセンタの場合です。

これらの胎盤は、十分に衛生管理がなされた農場から仕入れられ、メーカーごとに厳しい基準で検査を行います。

それから高熱処理を行って滅菌し、プラセンタエキスの中に血液や菌などが残らないようにします。

このように、馬や豚プラセンタの場合も、徹底した管理で高い品質と安全性が守られていると言えるでしょう。

さらに豚の場合、SPF豚から抽出したプラセンタが安全性が高いと言われています。

豚は感染症にかかりやすいのがネックですが、SPF豚は特定の病原体や寄生虫を持ちません。

安全性が高い原料を使うほど、製造過程で有効成分が壊れずに済むため、より高品質なプラセンタになります。

馬は、豚よりも感染症にかかりにくく、より安全です。

血統がしっかりしたサラブレッドのプラセンタを選べば、さらに安全性は高くなります。

どちらの場合も少し値段は高くなるものの、高品質で安全性の高いプラセンタだと言えます。

サプリメントの中には、原料がどこで育てられ、どうやって作られたかを明記するトレーサビリティーを導入しているものもあります。

これも、安全性が高いか、信頼できる原料かどうかを判断する材料のひとつです。

 

 

プラセンタサプリによる副作用

次に、プラセンタを摂取することで起きうる副作用について見ていきましょう。

使い始めに症状が出やすい

プラセンタサプリやドリンクを飲み始めてすぐは、体がまだ慣れていないため、さまざまな症状が出やすくなります。

プラセンタの作用で体内の機能が正常化することで、人によっては下痢や頭痛・吐き気が起きることも。

また、プラセンタは女性ホルモンに作用するため生理周期が変化したり、一時的に出血量が増えたりすることもあります。

これらの症状は使っていくうちに自然と収まりますが、心配な場合は使用を控え、病院で相談してみましょう。

 

アトピー・アレルギー症状が出る可能性も

過去にあった例ですが、もともとぜんそく・アトピー性皮膚炎を持っていた男性がプラセンタエキスを摂取したところ、かゆみを伴う湿疹が出ました。

これはプラセンタでアトピーが悪化したという事例です。

また、別の女性がプラセンタエキスの接種後全身に赤みやむくみが現れ、アレルギーを起こしたという事例もありました。

プラセンタにはタンパク質が豊富に含まれています。

卵や大豆といったタンパク質はアレルギーを引き起こしやすく、食品同様人によってはアレルギーの原因になることがあるのです。

また、サプリメントの場合はプラセンタ以外の美容成分が配合されていることもあります。

プラセンタサプリで症状が出ても、それ以外の成分に原因がある可能性も考えられます。

発症率は1%以下と高くありませんが、もともとアレルギー体質の場合は、あらかじめ原材料をよく確認し、かかりつけ医に相談の上で使いましょう。

 

 

プラセンタ注射による副作用

プラセンタ注射はサプリやドリンクよりも吸収率が高いため、副作用も出やすくなります。

好転反応が起きることも

注射を打ち始めて数回目までは、発熱や発疹、吐き気、頭痛といった症状が出ることがあります。

これはサプリ同様、プラセンタによって体内の機能や代謝が活性化されることで起きる好転反応と呼ばれるものです。

使っていくうちに体が慣れて症状もおさまっていくため、よぽどひどい症状が出るのでなければ心配しすぎることはないでしょう。

 

ホルモンバランスが崩れる

人によってはニキビができやすくなったり、生理周期が崩れたりします。

これはプラセンタにホルモン調整機能があるから。

特に生理前に打ち始めると影響を受けやすくなります。

 

注射の方法に注意

プラセンタ注射の場合は、注射の方法にも注意が必要です。

認可されている方法は筋肉注射と皮下注射の2種類のみ。

点滴(静脈注射)やカクテル注射は体内へ一気に吸収されるため、ショック症状や血圧低下を招く可能性があります。

 

献血ができなくなる

さらにプラセンタ注射のネックは、一度でも打ってしまうとその後献血ができなくなるということです。

プラセンタ注射の原料であるヒトの胎盤は、理論上で狂牛病に関連するヤコブ病のリスクがあるとされているからです。

これまで実際に感染した例は一例もありませんが、発症しない限り血液検査では見つけることができないため、現段階では禁止されています。

ちなみに、自分が献血をすることはできませんが、輸血をしてもらうことは可能です。

 

 

プラセンタは安全性が高い成分!

胎盤を使ったエキスということで不安を感じる人も多いと思いますが、プラセンタは安全管理が徹底しており、これまで感染症が起きた事例もありません。

種類によっては治療目的で使われることもあるほど、安全性が高い成分なのです。

ただし、アレルギーや好転反応が出やすいといった面もあるため、あらかじめよく確認してから使うようにしましょう。

関連記事

プラセンタサプリ人気&おすすめランキングを大公開!!