フィッシュコラーゲンとは?フィッシュコラーゲンの効果などご紹介!

コラーゲンには、牛由来や魚由来、人由来など様々種類があります。

コラーゲンを摂取することで、肌の弾力をキープできます。

ここでは、フィッシュコラーゲンに期待できる効果や摂取の注意点などについて解説します。

 

コラーゲンとは

コラーゲンは、人や魚、豚や牛などあらゆる生物に含まれています。

皮膚や筋肉、内臓だけではなく、骨や目、髪などあらゆる部位に含まれています。

人を構成するタンパク質の約30%がコラーゲンだともいわれており、皮膚においては約70%がコラーゲンです。

そのため、コラーゲンが不足すると、肌の弾力性が落ちて、シワやたるみなどができやすくなります。

コラーゲンは、乾燥や加齢など様々な原因で減少します。

コラーゲンの減少を抑えつつ、外部からコラーゲンを取り入れることが大切です。

 

 

フィッシュコラーゲンとは

フィッシュコラーゲンは、その名のとおり魚から抽出されるコラーゲンです。

主に、


マグロ
サメ

などから抽出したコラーゲンが使われています。

従来は、牛由来のコラーゲンが化粧品やサプリに使用されていましたが、狂牛病の問題により使用が禁止されました。

そのため、魚由来のフィッシュコラーゲンの需要が高まり、研究が重ねられた結果、フィッシュコラーゲンのデメリットである独特な臭いや味を抑えることに成功しました。

 

フィッシュコラーゲンに期待できる効果

コラーゲンは、関節の軟骨を構成する成分であるため、摂取することで

関節痛の改善や予防
血管の弾力性を保ち、血管が傷ついた際の修復
シミやシワなどを防ぐ

などの効果が期待できます。

ただし、これはコラーゲンを摂取した場合のことであり、コラーゲンが含まれた化粧品を肌に塗った場合においては、十分な効果は期待できません。

これは、分子の大きさ的に肌に浸透させることが困難であるためです。

ただし、肌の角質層までであれば浸透する可能性があるものもあります。

肌の内側から保湿することで、潤いのある肌を保つことができます。

肌が潤っている状態は、外部からの刺激に強い状態です。

肌の奥深くにあるコラーゲンは、紫外線などの刺激によって減少するので、肌の潤いを保つことは紫外線を防ぎ、コラーゲンの量を保つことに繋がります。

以上のことから、コラーゲンを肌に塗った場合には、摂取した場合ほどではありませんが、シワやたるみの予防効果が期待できます。

 

フィッシュコラーゲンの特徴

フィッシュコラーゲンに期待できる効果は、牛や人由来のコラーゲンの効果と大きな違いはありませんが、消化吸収や継続
的な摂取において、他のコラーゲンと比べて有効的
だとされています。

コラーゲンはタンパク質の一種であり、魚のタンパク質は胃腸で消化・吸収されやすい特徴を持ちます。

そのため、タンパク質を多量に摂取することで胃腸に負担がかかる心配がありません。

また、脂質が少なく低カロリーであるため、継続的に摂取しても体重増加などの副作用の心配もないとされています。

さらに、アレルギー反応が比較的現れにくいので、多くの場合に利用することができます。

 

フィッシュコラーゲンと一緒に摂るべき成分

フィッシュコラーゲンの効果を高めるために、次のような成分と一緒に摂取しましょう。

・ビタミンC

ビタミンCには、コラーゲンを安定させる働きがあるため、一緒に摂取することでフィッシュコラーゲンによる効果を高めることができます。

・トリプトファン

体内で合成できない必須アミノ酸の一つで、コラーゲンの原料になります。

そのため、コラーゲンと一緒に摂取することで、より効率的にコラーゲンの効果を得られるようになります。

トリプトファンは、穀類や動物性タンパク質、乳製品などに含まれています。

・エラスチン

コラーゲンを引き締めるエラスチンをコラーゲンと一緒に摂取しましょう。

これら2つの成分が揃うことで、肌の弾力性を保てるようになります。

肌の弾力は、細胞の酸化によって低下します。

細胞の酸化とは、すなわち細胞の老化を意味します。

これは、呼吸をするだけで発生する活性酸素による影響です。

活性酸素は呼吸をして生きているうちは発生し続けるので、酸化に抵抗する抗酸化成分を摂取することが大切です。

抗酸化成分には、ビタミンCやビタミンE、ポリフェノールなどがあります。

 

フィッシュコラーゲンと一緒に摂らない方がよい成分

肌の弾力を高めるフィッシュコラーゲンと一緒に、肌の弾力を低下させる成分を摂取してしまうと、十分な効果を得られなくなります。

糖質を過剰摂取すると、コラーゲンが糖化して固くなり、弾力性が低下してしまいます。

さらに、コラーゲンを生産する線維芽細胞の機能を低下させるため、コラーゲンの生産力までも低下します。

コラーゲンの糖化は、食物繊維を摂取することで抑えることができるので、工夫をしてコラーゲンを摂取しましょう。

 


関連記事


プラセンタサプリ人気&おすすめランキングを大公開!!