プラセンタは不妊症治療に効果はあるの?

美容効果をはじめ、人間にとって有益な様々な効果があることがわかっているプラセンタ。

そんなプラセンタが、不妊症の治療にも使われるって知っていましたか?

今回はそんな不妊症について。

プラセンタの効果と治療の実際についてお話しします。

 

注目が高まる不妊症

不妊症は子供を望むカップルにとって大きな問題。

一定期間の性生活を持っているにも関わず妊娠に至らないことをいいます。

この「一定期間」について世界保健機構では12か月と定義しており、

35歳以上であれば6か月以上性生活を持っても妊娠に至れない場合、検査などを受けることを推奨しています。

近年、不妊治療の技術はまさに日進月歩。

そのため、不妊治療の実状や詳細には不妊に悩む多くのカップルが関心を寄せており、不妊症治療の過程や経過を綴った書籍やブログもたくさんありますし、芸能人でも不妊治療を受けていることを公開している人もいます。

 

 

不妊症の原因

当たり前ですが、不妊症の原因は女性だけにあるわけではありません。

男性側にある場合や、男女両方にある場合、複数の要因が絡んでいる場合、明らかな原因が見つからず原因不明の場合もあります。

ここでは代表的な不妊症の原因について簡単に説明させていただきます。

 

女性側に発生する原因

女性側に原因がある場合、考えられるの以下のことです。

・排卵障害

排卵が正しく行えていない状態です。
卵巣に異常がある場合もありますが、ストレスや急激な体重変動などの影響も考えられます。
また、内分泌系の疾患が原因の場合もあります。

・卵管の異常

クラミジアの感染によって起こる卵管の癒着(卵管留水腫)や卵管の一部閉塞などが挙げられます。
卵管の閉塞は子宮内膜症などが原因で起こることがあります。

・子宮の異常

最近若い世代にも増えている子宮筋腫やポリープ、子宮内膜癒着症などの後天的な疾患が原因の他、子宮の奇形など先天的な原因である場合もあります。

・頸管異常

子宮頚管では排卵前に頸管粘液が分泌されます。
この粘液が不足していたり精子に対する抗体が存在している場合、不妊症の原因になります。

・卵子の異常

一番多いのは卵子の老化です。
卵子は精子の様に日々新たに作られるものではなく、生まれたときには既に卵巣内に十分な数が作られています。
よって、女性の加齢に応じて卵子も老化し、その機能が衰えていくわけです。

 

男性側に発生する原因

男性側に発生する原因としてまず一番に考えられるのは、精子の異常です。

精子の数が少ない

・精子減少症
・精子が作られない無精子症
・精子の数が多すぎて固まったりしてしまう精子過剰症
・精子に受精能力がないか死滅してしまっている精子死滅症

など。

これらを発症してしまう要因としては、

・飲酒、喫煙などの生活習慣
・精巣の異常
・停留睾丸(睾丸が降りてこず、お腹の中などに入ってしまっている状態)

などが考えられます。

また、精子の通り道である精管・尿道の炎症による狭窄や精索静脈瘤による精子を作る機能の障害も考えられますが、原因がわからない造精機能障害も少なくありません。

 

男女ともに発生する原因

稀なパターンではありますが、インターセックスやターナー症候群などの性分化異常が不妊の原因である場合もあります。

性分化異常とは、なんらかの原因で胎児の段階で男女どちらかへの十分な変化が得られず、単純に男女の区別がつけられない中間体のような形態をとること。

性分化異常の結果表れる形態の異常は様々。

「外見は男性だけど子宮や卵巣がある」、「見た目は女性だけど遺伝子が男性」、「中性的な外見」など、染色体や外見、性器の形状などからは簡単に男女の判断ができません。

多くは思春期以降に体の変調を得ますが、気づかぬまま過ごしてしまう場合もあり、不妊症の検査で初めて気づく場合もあります。

 

 

プラセンタの不妊症に対する効果とは

それでは本題です。

冒頭でお話しした通り、プラセンタは不妊症の治療にも使われます。

一体、プラセンタは不妊症にどのように作用するのでしょうか?

 

プラセンタの効果一覧

プラセンタに関する様々な研究を行っている日本胎盤臨床医学会によると、プラセンタには20の薬理作用があることがわかっています。

以下に、その20個を挙げさせていただきます。

①基礎代謝向上作用
②細胞活性化作用
③呼吸促進作用
④血行促進作用
⑤造血作用
⑥疲労回復作用
⑦血圧調節作用
⑧自律神経調節作用
⑨ホルモン調整作用
⑩免疫強化作用
⑪活性酸素除去作用
⑫抗突然変異作用
⑬創傷回復促進作用
⑭抗炎症作用
⑮抗アレルギー作用
⑯体質改善作用
⑰強肝・解毒作用
⑱妊婦の乳汁分泌促進作用
⑲食欲増進作用
⑳精神安定作用

中にはなんだかよくわからない難しい作用もありますが、こうして見ると、プラセンタにはすごい力が秘められているのがわかりますね。

というのも、プラセンタ=胎盤は、母体と胎児をレンタクする重要な器官。

そのため、人間には欠かせない豊富な栄養やアミノ酸、酵素、核酸などなどに加え、細胞の成長を促す増殖因子というタンパク質が沢山含まれているからなのです。

 

不妊症に対する効果とは?

前項のプラセンタの薬理作用を見ていただければわかるように、プラセンタには不妊症そのものを治療する作用はありません。

しかし、細胞を活性化したり、ホルモンバランスや自律神経を整える作用によって、「妊娠しやすい体作り」のサポートをすることができます。

ホルモンバランスや自律神経が乱れることにより、卵巣や子宮といった女性の生殖器官は著しい影響を受けます。

しかし、プラセンタによってこれらを整えることで、卵子の質が向上したり、子宮内の膜を増強して着床の確率を高められると考えられるのです。

また、女性に多い貧血や冷え性も不妊の原因になりやすいですね。

プラセンタにはこれらを改善する作用もあります。

もちろん、プラセンタの効果は女性にのみ認められるものではありません。

プラセンタに含まれる成長因子は細胞の増殖を促進するため、若々しく力強い体づくりにも役立ちます。

プラセンタはエネルギッシュで精力的な肉体を求める男性にもぴったりというわけなんですね。

さらに、プラセンタに多く含まれるアルギニンというアミノ酸は精子の構成の8割を占めるともいいます。

よって、精子の増強にもプラセンタは効果を発揮するのです。

不妊に悩むことは精神的にとても負担が大きく、多くの人が過度のストレスに苦しんでいます。

そしてそのストレスが、新たな不妊の原因を生み出すことも珍しくありません。

そんなストレスの緩和のためにも、精神安定作用のあるプラセンタは有効ですよ。

 

 

プラセンタ療法の実際

実際、不妊症にプラセンタ治療を取り入れている医療機関は少なくありません。

現在日本において医薬品として認可を受けているプラセンタは2種類、

・ラエンネック
・メルスモン

で、慢性肝炎や更年期障害、乳汁分泌不全の治療のために処方されます。

この二つの薬はどちらも注射薬であり、不妊治療の場合にも注射によって投与されます。

しかし、一回注射してそれでおしまい、というわけにはいきません。

前述の通り、プラセンタは不妊症治療薬ではなく、「妊娠しやすい体づくり」のサポートをするもの。

そのためには、なるべく長くプラセンタを体内に留めなければなりません。

しかし、プラセンタは通常すぐに吸収されてしまうため、ある程度定期的かつ持続的にプラセンタの注射を受けなければいけないのです。

ただし、プラセンタを不妊症治療に使った場合、保険は適用されません。

プラセンタに全く副作用がないというわけでもないため、不妊治療のプラセンタ療法は金銭的・肉体的負担が目立つ場合もあるのです。

負担は避けたいけれど、プラセンタは試してみたい。

そう思うのであれば、まずはプラセンタのサプリから始めてみるのもいいでしょう。

サプリならばクリニックで注射を受けるより負担は少ないでしょうし、男性も手軽に摂取できますね。

 

 

まとめ

今回は不妊治療に対するプラセンタの効果についてお話ししました。

・プラセンタは不妊治療薬ではない
・「妊娠しやすい体づくり」のサポートになる
・プラセンタ注射に即効性はなく、ある程度回数を受けなければならない
・負担を減らしたいなら、サプリメントもおすすめ

プラセンタは不妊治療に対する新しい可能性でもあります。

もしこの記事を読んで気になった場合、プラセンタ療法やサプリの可否をかかりつけの医師に相談してみてくださいね。

 

関連記事

プラセンタサプリ人気&おすすめランキングを大公開!!