お肌の正しい保湿スキンケア方法&意外と知らない間違った保湿ケア

保湿ケアを正しく行うことが、肌のバリア機能を高めることに繋がります。

しかし、間違った保湿ケアをしてしまうと、十分に保湿されず、乾燥しやすくなってしまいます。

また、保湿の前のスキンケアを間違ってしまうと、正しく保湿ケアをしても肌のバリア機能が低下したままになる恐れがあります。

ここでは、正しい保湿ケア、間違ったスキンケアなどについて解説します。

 

間違ったスキンケアとは

間違ったスキンケアをすることで、

ニキビ
シミ
湿疹

など様々な肌トラブルが起こりやすくなります。

これは、肌が乾燥してしまったり、角質が異常に増殖したり、皮脂が過剰に分泌されてしまったりするからです。

まずは、どのようなスキンケアが間違っているのか紹介します。

 

肌を摩擦する

しっかりと汚れを落とそうとするあまり、ゴシゴシと擦ってしまう人がいます。

その結果、角質層が傷ついて肌のバリア機能が低下してしまい、乾燥しやすくなることがあるのです。

また、肌が刺激を受けると、肌の奥深くにあるメラノサイトからメラニン色素が分泌されます。

メラニン色素は、肌の奥深くまで刺激が届かないようにするためのもので、自然に排出されます。

しかし、肌のターンオーバー(新陳代謝)が低下していると、メラニン色素を十分に排出できず、シミとして肌に残ってしまうことがあるのです。

肌に刺激を与えないよう、たっぷりの泡で洗顔するようにしてください。

そして、しっかりとすすいで洗浄成分が肌に残らないようにしましょう。

 

クレンジングと洗顔を何度もする

クレンジングや洗顔では、皮脂汚れや余分な角質などを取り除くことになります。

そのため、1日に何度もクレンジングや洗顔をすると、必要な皮脂や角質、天然保湿因子などまでも洗い流してしまい、肌のバリア機能が低下します。

肌のバリア機能が低下した結果、乾燥して刺激を受けやすくなるのです。

・洗顔は1日2回まで
・クレンジングは1回まで

に留めてください。

 

洗浄力が強いクレンジング剤や洗顔料

濃いメイクを落とすためのクレンジング剤は、洗浄力が強くなっています。

ナチュラルメイクをしているのに、そのようなクレンジング剤を使用すると、必要な皮脂までも洗い流してしまいます。

洗顔料に関しても、思春期ニキビ用の皮脂を落とす力が強いものを大人が使用すると、必要な皮脂を洗い流してしまうのです。

 

肌質に合わない洗顔をしている

乾燥肌の人は、皮脂の分泌が少ないため、健康な肌の人と同じようにクレンジングや洗顔をすると、肌が余計に乾燥してしまいます。

ひどい乾燥肌の場合は、洗顔料を使用せず、ぬるま湯で洗い流すだけで構いません。

ぬるま湯に定義はありませんが、38℃前後の湯で構いません。

 

 

間違った保湿ケアとは

間違った保湿ケアとは、化粧水や美容液の使い方を間違えることだけではなく、「保湿しすぎ」にも言えることです。

例えば、コットンに化粧水や美容液が染み込んでいるコットンを使ったパックをした場合、メーカーが定める時間以上にパックを続けると、コットンが乾燥して肌の水分を吸い上げてしまいます。

その結果、肌が乾燥してバリア機能が低下してしまうのです。

肌は、保湿ケアをしなくても、ある程度水分量を調節しています。

そのため、必要以上に保湿をしたり栄養を与えたりすると、肌の状態を調節する機能が鈍くなる恐れがあります。

自分の肌に合った適切な保湿ケアをすることが大切です。

 

乾燥肌に適した保湿ケア

乾燥肌の人は、化粧水でしっかりと保湿しましょう。

足りないと感じるのであれば、二度付けしても構いません。

そして、続いて乳液やクリームで油分を補給しましょう。

ひとまず、これだけで外的刺激を受けにくくなりますが、極度の乾燥肌の人は身体の内側から保湿する必要もあります。

しっかりと水分補給をしましょう。

一気に水分補給するのではなく、コップ1杯の水を数回に分けて飲むことが大切です。

 

脂性肌

皮脂が過剰に分泌されている脂性肌の人は、乾燥とは無縁と思ってしまうことがあります。

実は、肌の内部は乾燥している可能性があります。

そのため、通常通り保湿ケアをする必要があるのです。

皮脂をエサにして雑菌が増殖するので、抗菌作用がある化粧水を使用するとよいでしょう。

 

混合肌

位置によって乾燥肌と脂性肌が混合している肌のことを混合肌といいます。

・乾燥している部分には乾燥肌の対策
・オイリーな部分には脂性肌の対策

してください。

 

敏感肌

乾燥などによって肌のバリア機能が低下し、外的刺激に弱くなっている状態を敏感肌といいます。

バリア機能を高めるために、ヒアルロン酸やセラミドなどの保湿成分をしっかりと補給することが大切です。

また、肌に刺激となるアルコールや添加物などをできるだけ含まないものを選びましょう。

自分の肌に合った保湿ケアが正しい保湿ケアであり、特定の方法が正しい保湿ケアではありません。

まずは、自分の肌質を知ることから始めましょう。

 


関連記事


プラセンタサプリ人気&おすすめランキングを大公開!!