ヒトプラセンタの注射ってどんな効果があるの?デメリットや注意点は?

プラセント注射には、ヒト由来のプラセンタが使用されます。

ヒト由来のプラセンタを注射しても人体に影響はないのか心配になるヒトもいるでしょう。

ここでは、ヒトプラセンタの注射に期待できる効果や注意点などについて解説していきます。

 

プラセンタとは

プラセンタは、「胎盤」を意味します。

馬由来、豚由来のものが一般的に流通していますが、羊由来、ヒト由来のものもあります。

プラセンタの摂取方法は、サプリによる

経口摂取
皮下注射
コスメの外用

などです。

中でもプラセンタ注射は、最も高い効果が期待できます。

医薬品としてプラセンタを使用するため、クリニックでしか注射を受けることができません。

 

プラセンタ注射とは

プラセンタ注射は、慢性肝機能障害や更年期障害の治療の一貫として医療の現場で使用されています。

このような場合は保険適応になりますが、美容を目的の場合は保険適応外です。

なお、プラセンタ注射薬は厚生労働省の認可を得ている安全な医薬品です。

 

プラセンタ注射に使用されるプラセンタ

医療用プラセンタ注射薬は、日本国内で自然分娩によって生まれたヒトの胎盤のみ使用しています。

また、妊娠中に血液検査を行い、血液を介して感染するエイズウイルスやC型肝炎ウイルスなどがないことを確認しています。

採取したプラセンタをそのまま使用するのではなく、高圧蒸気滅菌を行い、動物試験や無菌試験によって安全性が確認されたものだけが使用されます。

 

プラセンタ注射の効果

プラセンタには、細胞の成長や新陳代謝を促す作用があります。

この作用をもたらすのが内因性タンパク質です。

また、アミノ酸やビタミン、酵素など身体を作るために必要不可欠な成分も含まれています。

このプラセンタを注射することで、次のような効果が期待できます。

・肌に潤いを与える
・シミやシワ、たるみなどの改善
・ニキビなどの炎症性のトラブルを改善、予防
・血行促進の効果によるくすみやクマの改善
・血行促進による免疫力アップ
・肩こりや腰痛
・自律神経を整える

また、次のような病気の改善に効果が期待できます。

更年期障害

閉経の前後10年を更年期といい、この時期にほてりやのぼせ、倦怠感など様々な症状が現れることがあります。
これを更年期障害といい、女性ホルモンが急激に低下することで起こるといわれています。

肝機能障害

肝炎や肝硬変など様々な原因で肝臓の機能が低下し、本来の機能を果たせない状態を肝機能障害といいます。

自律神経失調症

血圧や臓器など身体の様々な臓器の調節をしているのが自律神経です。自律神経は交感神経と副交感神経で成り立っており、これらのバランスが崩れると身体に様々な症状が現れます。

生理不順

一定の周期で生理が来ない状態を指します。妊娠を望むのであれば、排卵日を知るためにも治療を受けることをおすすめします。

アレルギー疾患

異物が体内に侵入した際には、外敵を排除するための反応が起こります。
その反応が強く起こるのがアレルギーです。アトピー性皮膚炎やアレルギー性結膜炎などがアレルギー疾患に含まれます。

胃十二指腸潰瘍

胃・十二指腸にできる潰瘍は、ストレスや刺激物の摂取など様々な原因で起こります。

膠原病

主に自己免疫疾患を膠原病(こうげんびょう)といいます。
自己免疫とは、本来外敵を攻撃するはずの免疫が、自らの細胞や組織を攻撃する状態です。関節リウマチ、ベーチェット病、全身性エリテマトーデス、シェーグレン症候群などがあります。

脳卒中後に起こる神経麻痺

脳梗塞や脳出血などをまとめて脳卒中と呼びます。
脳卒中後には、血管障害が起こり、それに伴って顔面神経麻痺、身体の片側だけの麻痺などが起こることがあります。

 

プラセンタ注射の方法

プラセンタ注射には、次のような方法があります。

皮下注射

表皮の下にプラセンタを注入する方法で、薬液量や吸収量が少ないので、費用が安くつく傾向があります。また、注射時の痛みも少ないといわれています。

筋肉注射

筋肉に直接プラセンタを注入する方法です、筋層は血管が多いため、即効性が高いとされています。

ツボ注射

ツボにプラセンタ注射をする方法で、美容を目的としている場合におすすめです。ただし、他の注射方法と比べて費用が高くなる傾向があります。

日本では、

ラエンネック
メルスモン

が厚生労働省によって認可されています。

これらのプラセンタ注射薬は、静脈への投与が禁止されています。

これは、静脈に投与することで、副作用が出たりプラセンタが早く体外へ排泄されてしまったりする可能性があるためです。

 

プラセンタ注射を受ける頻度

プラセンタ注射は、継続的に受ける必要があります。

最初の1~2ヶ月の間は、週に1~2回の頻度で受けましょう。

その後は効果を維持するために、1~2週間に1回の頻度で受けることが一般的です。

プラセンタ注射にかかる費用はクリニックによって異なるので、継続的に受けるのであれば価格を見比べて検討することをおすすめします。


関連記事


プラセンタサプリ人気&おすすめランキングを大公開!!