ミツロウアレルギーにはどんな症状がある?発症してしまったら?

食べ物に含まれるタンパク質が身体の中に入ると、それを異物と認識して排除しようと働くことがあります。

抗体が過剰に反応することで、

・皮膚の赤み
・じんましん
・咳

などの症状をきたします。

これがアレルギーの仕組みです。

ミツロウは、肌によいとされる成分ですが、アレルギーを起こすことがあるので注意しましょう。

ここでは、ミツロウアレルギーの症状や対処法をご紹介します。

ミツロウとは


ミツロウは、ミツバチの巣から蜂蜜を採取したときに残ったものを加熱したり煮溶かしたりすることで作られるワックスのことです。

菓子類にも含まれていることがあるなど、食用としても使えます。

熱を加えることで元の柔らかい液体に戻るという製造において扱いやすい性質を持つため、さまざまな化粧品に添加されています。

ミツロウの効果


ミツロウには、化粧品に柔らかさを持たせたり、配合成分を安定させたりする働きがあります。

また、肌や唇に塗ることで高い保湿効果を発揮します。

肌や唇が乾燥していると外部刺激を受けやすくなるため、トラブルのリスクが上がります。

肌の保湿を心がけることで、肌トラブルが起こりにくくなります。

また、紫外線の影響を受けにくくなることで、肌の老化の抑制にもつながるでしょう。

紫外線が肌の奥へと侵入すると、コラーゲンやエラスチンなど肌の弾力を保つ成分の生産が減少し、将来的にたるみやしわなどができやすくなります。

保湿成分にはさまざまな種類がありますが、中にはアレルギーを起こしてしまうものもあるのです。

ミツロウでもアレルギーが起こる可能性がありますが、選択肢の一つに加えてみてはいかがでしょうか。

ミツロウアレルギーの症状


ミツロウを含む化粧品によって起こるアレルギーと、ミツロウを含む食品を摂ったときに起こるアレルギーでは症状が異なります。

ミツロウを含む化粧品によって起こるアレルギー

化粧品が触れた部位に赤いぶつぶつや皮膚の盛り上がりなどの症状が現れます。

強い反応では、水膨れができることもあるのです。

このような症状には、かゆみや痛みをともなう場合があります。

ミツロウを含む化粧品が触れた部位をきれいにふき取ることで、症状が和らぐ可能性があります。

また、2回目以降の使用時にアレルギーが起こることもあります。

これは、1回目のミツロウとの接触によって身体の中で抗体が作られ、2回目に接触したときに抗体が過剰に反応してアレルギーが起こるというものです。

ミツロウを含む食品

ミツロウを含む食品を摂ったときに起こるアレルギーの症状は、

・じんましん
・湿疹
・かゆみ

などです。

皮膚に触れたときよりも多くのミツロウが体内に入るため、それだけ重い症状が現れます。

ミツロウに対して強いアレルギー反応が起こると、

・腹痛
・呼吸困難
・ショック症状

といった重篤な症状が現れることもあるのです。

また、

・咳
・鼻水
・くしゃみ
・頻脈
・血圧低下

などの症状も現れることがあります。

最も重い症状であるアナフィラキシーでは、

・じんましん
・嘔吐
・血圧の低下

に加えてショック症状が現れます。

最悪の場合、昏睡状態に陥り死亡するケースもあるのです。

初期症状には、口の中の違和感やしびれ、吐き気などがあり、症状が進むとめまいや嘔吐、全身にじんましんができるなどの症状が現れます。

少しでもアナフィラキシーの兆候が見えた場合は、すぐに受診できる状況に身を置くか、救急車を呼びましょう。

アレルギーへの対処法


アレルギーの対処法は、どのような症状が現れているかによって異なります。

皮膚の赤みやのどの違和感、口の中の違和感、身体の一部にのみじんましんが起きている場合には、手元に抗ヒスタミン薬があれば内服します。

抗ヒスタミン薬がない場合は、そのまま病院を受診しましょう。

咳がでたり全身にじんましんがでたりした場合には、薬を服用したうえで病院を受診しましょう。

息苦しさや嘔吐をくり返す、倦怠感、眠気などを感じた場合は、すぐに病院を受診してください。

顔面蒼白や冷や汗、意識レベルの低下などが起きた場合には、すぐに救急車を呼ばなければなりません。

このようなアナフィラキシーショックを起こすと、一人では対処が難しくなります。

ミツロウを含む食べ物は、できるだけ周りに人がいる環境で摂りましょう。

携帯しておくべき薬

食物アレルギーが多い場合には、

・抗ヒスタミン薬
・気管拡張薬
・ステロイド薬
・アドレナリン自己注射製剤

などを携帯しておくことが大切です。

症状に応じて携帯しておくよう指導される薬が異なります。

ミツロウアレルギーはハチミツのアレルギーを持つ方に高頻度でみられるので、くれぐれも慎重に摂りましょう。

ミツロウは慎重に摂るべき


ミツロウはアレルギーが起こる可能性があるため、十分に注意して摂りましょう。

また、1歳以下の赤ちゃんにハチミツを与えてはいけないので、ミツロウも与えないようにしてください。

大人であっても過去に一度摂ったハチミツに対して抗体が作られることで、アレルギーが起こる可能性があります。

関連記事

プラセンタサプリ人気&おすすめランキングを大公開!!