美白と保湿の関係とは?保湿が美白につながる理由

美白を目的としたスキンケアを行っている人は多いでしょう。

しかし、美白効果にだけ気をとられ、保湿がおろそかになっていませんか?

じつは、まずは肌を保湿することこそが美白効果を高めることにつながるのです。

その理由や、美白と保湿の両方の効果を得るポイントについてまとめました。

美白のためにはまず保湿!その理由とは?


美白効果を高めることと、保湿ケアに力を入れることはほぼイコールだと言えます。

その理由について見ていきましょう。

美白化粧品の落とし穴

「美白化粧品を使うと肌が乾燥してしまう」という悩みを持つ人も多いかもしれません。

それもそのはず、美白のための成分には、肌の乾燥を招く仕組みがあるのです。

例えば、美白成分として有名なビタミンC誘導体。

ビタミンCには皮脂分泌を抑える作用があるため、使いすぎると乾燥を招きやすいんですね。

また、美白成分の作用のひとつとして、角質が剥がれやすい状態にして新陳代謝を高め、メラニン色素の排出を促すというものがあります。

そのため、角質の働きが弱まることで肌の乾燥を招きやすいという面も持っているのです。

乾燥肌に美白成分は浸透しない

肌が乾燥すると、古い角質が剥がれず肌の上で厚くなっていく「角質肥厚(かくしつひこう)」が起こります。

こうして肌のターンオーバーが乱れると、いくら美白化粧品をつけても成分は浸透していきません。

また、角質層は外部の刺激から肌を守るバリア機能も担っています。

乾燥した肌はバリア機能が低下し、紫外線の影響をより受けやすい状態に。

するとシミの原因となるメラニン色素がどんどん作られ、たとえ美白化粧品を使っていても追いつかなくなってしまいます。

また、肌の奥まで紫外線がとどき、ニキビの悪化やニキビ跡の色素沈着などを引き起こす恐れも。

保湿することで肌にいい循環が生まれる

保湿することで肌がしっかりとうるおいを取り戻せば、まず肌のターンオーバーのサイクルが整います。

古い角質が剥がれ、新しい角質が作られるという肌の生まれ変わりが正常化されると、乾燥によるニキビや過剰な皮脂分泌も抑えることができます。

さらにバリア機能がきちんと働くため、紫外線を受けてもメラニン色素が排出され、シミになりにくい状態を保つことが可能です。

つまり、本当に美白効果を実感したいなら、まずはしっかりと保湿をして肌にうるおいを取り戻すことが大切なんですね。

美白と保湿ケアのポイント


では、保湿に重点を置いたケアでは美白はできないのでしょうか?

ここでは、保湿と美白の両方をかなえるためのケアのポイントについて見ていきましょう。

保湿と美白、両方の効果があるものを選ぼう

美白効果を得たい場合も、まずは保湿効果をメインに考えましょう。

そして、保湿したあとに美白成分を配合した化粧品を使うのがポイントです。

また、美白ケア用化粧品は乾燥しやすいと書きましたが、その問題点に取り組み、保湿力を兼ね備えた化粧品も増えてきています。

この場合は、保湿と美白両方の効果を一度に得ることが可能です。

おすすめの成分と選び方

保湿効果が高い成分には、

・セラミド
・アルギニン
・ヒアルロン酸
・コラーゲン

などがあります。

そして美白成分としては

・ビタミンC誘導体
・アルブチン
・コウジ酸
・エラグ酸

などがあります。

この中から肌質に合ったもの、そして長期的に使い続けられる予算の範囲内で選んでみましょう。

また、成分の配合量も大切なポイント。

ボトルの裏面の成分表は、配合している量が多いものから明記されています。

有効成分が前のほうに書いてあれば、それだけ配合量が多いということなので、目安にしてみてください。

お手入れの順番

保湿と美白を別々の化粧品で行う場合は、お手入れの順番も大切です。

1、化粧水で保湿

スキンケアはテクスチャーが水っぽいものからつけるのが大前提。

肌の土台となる水分をまず化粧水で与えます。

 

2、美白美容液→保湿美容液

化粧水以外で美白成分を取り入れる場合は、美容液がポピュラーです。

化粧水で保湿できていれば美容液は美白用だけでも十分ですが、もし保湿用の美容液と別々に使う場合は、必ず美白用を先に肌につけてください。

 

3、乳液・クリーム

油分の多いものは一番最後に肌につけます。

 

朝と夜でケアを変えよう

美白成分の中には、肌に塗ると紫外線に弱くなってしまうものがあります。

このような成分を配合している場合は「夜に使用してください」などと注意書きがありますが、朝は保湿・UVケアをメインに行い、美白ケアは夜だけにしましょう。

ただでさえ朝は慌ただしく、じっくりケアをしている時間はないもの。

夜こそローションパックなど手間のかかるケアをするのがおすすめです。

長期的に使おう

肌の生まれ変わりのサイクルは、年齢や肌の状態によっても変わりますが、およそ20日〜長いと60日ほどになることも。

そのため、効果を実感できるまでにはある程度時間がかかります。

最低でも1ヶ月から3ヶ月は、同じ化粧品を使い続けるようにしましょう。

美白したいなら保湿が大切!

このように、美白と保湿には密接な関係があります。

美白用化粧品を使っていてもなかなか効果が感じられない場合は、肌の保湿が足りていないのかもしれません。

まずは保湿ケアを重点的に行い、肌の状態を整えることが大切です。


関連記事


プラセンタサプリ人気&おすすめランキングを大公開!!