プラセンタエキスをイオン導入した時の美肌効果は?

美容化粧品やサプリに欠かせないプラセンタ。

プラセンタを塗るだけ、飲むだけの美容方法で満足していませんか?

それでは、プラセンタの実力を実感するには不十分かもしれません。

プラセンタの威力を引き出す、「イオン導入」という美容技術が、注目を集めています。

本記事では、プラセンタエキスをイオン導入したときの気になる効果や、その方法についてご紹介します。

 

美容・健康成分の魅力を引き出す!イオン導入について

イオン導入とは、微弱電流を利用して、お肌のバリア機能を一時的に弱め、そのままでは浸透しにくい成分がお肌を通過しやすくさせる装置です。

その浸透力は、普通に塗布した時と比べて30~50倍にもなると言われています。

痛みもないので「針を使わない注射」なんて言われることもあるんですよ。

有効成分をより効果的にお肌の奥に届けたい時に大活躍してくれます。

ただし、どの美容成分もイオン導入に使えるわけではないので、注意しましょう。

イオン導入に向くのは、「分子が小さく水溶性の成分」です。

例えば、

プラセンタ
ビタミン誘導体
アミノ酸
トラネキサム酸

などが挙げられます。

一方で、「分子が大きい・不溶性・帯電性がない」などの特徴にあてはまる、

セラミド
コラーゲン
ヒアルロン酸

などは不向きです。

今回は、プラセンタのイオン導入に絞って、その効果や実践にかかる費用・方法などをご紹介します。

 

 

プラセンタエキスをイオン導入するとこんな効果が!

プラセンタエキスのイオン導入で期待出来る効果を一覧にしてご紹介します。

トータルの美肌効果

プラセンタエキスには

・シワ
・染み
・たるみ
・ニキビ跡(赤・茶・クレーターニキビ)
・傷あとの改善

とトータルの美肌効果があります。

プラセンタエキスには様々な「成長因子」=特定の細胞に働きかけ、細胞を活性化させるスイッチのようなものを含んでいます。

肌細胞に影響を与えるプラセンタに含まれる成長因子を挙げると…

 

・上皮細胞増殖因子(EGF)

表皮の細胞分裂と増殖を促す、ターンオーバー(お肌の生まれ変わり)に関わる成長因子です。

ターンオーバーの過程でセラミド、天然保湿因子などの潤い成分が作られるだけでなく、メラニンや古くなった角質の排出なども行われています。

表皮細胞が活発になることで、ターンオーバーが促進されて、

しみ
くすみ
ニキビ跡
乾燥肌

の改善などに貢献してくれます。

 

・線維芽細胞増殖因子(FGF)

お肌の真皮層(表皮よりも深い)でコラーゲン・エラスチンを作り出す綿維芽細胞の活性化に関わる成長因子です。

コラーゲンは網状の組織を作り、エラスチンはそのジョイント部分にバネのように存在しています。

バネと編みからなるベッドのクッションの様にお肌の弾力・柔軟性を維持しているんですね。

肌弾力成分を作り出す綿維芽細胞が活性化することで、

たるみの改善
クレーターニキビ跡の改善

が期待できます。

 

・肝細胞増殖因子(HGF)

肝臓の細胞の増殖だけでなく、臓器、皮膚、血管や神経などに損傷が出た時に、損傷個所の細胞をサポートして傷跡の修復に貢献してくれる成長因子です。

この他にプラセンタエキスに含まれる「血管内皮増殖因子(VEGF)」や、「インスリン様成長因子(IGF)」などの成長因子も傷ついた細胞修復の促進に関わります。

日常的な肌ダメージだけでなく、毛細血管の損傷が原因となる赤ニキビ・赤黒い紫のようなニキビ跡の改善にも役立ちます。

 

美白効果

上記でご紹介したように、肌のターンオーバーの促進に関わる成長因子を含んでいるため、不要なメラニンの排出が順調にすすみ、くすみや染みの改善に役立ちます。

さらに、メラニン色素の産生に深く関わるチロシナーゼという物質の働きを抑える作用や、抗酸化成分の作用もあり、メラニン生成の阻止に貢献してくれます。くすみ・シワの予防・改善のどちらも叶えてくれちゃうというワケです!

 

アンチエイジング

老化の原因として、「活性酸素」と「遺伝子の損傷」が注目されています。

プラセンタには、これらの原因にアプローチしてくれる頼もしい有効成分が含まれています。

 

・プラセンタに含まれる「抗酸化成分」

存知の方も多いと思いますが、活性酸素は、体の細胞をサビさせる原因です。

呼吸をするだけでも発生していて、適量であれば体を守る機能を果たします。

ただし、

ストレス
紫外線
不規則な生活習慣

などで過剰発生してしまうと、体の老化を進める原因になってしまうんです。

プラセンタには、活性酸素を抑制する「抗酸化成分」である

ビタミンC・E
ミネラル
活性ペプチド
活性酸素消去酵素

を含んでいます。

 

・プラセンタに含まれる「核酸」

細胞の増殖は、プリントコピーのようなものです。

細胞の中にある遺伝子情報を元にコピーされるのですが、加齢などが原因で、遺伝子情報が壊れることがあります。

間違った情報を持った細胞のコピーが進み、正常な細胞が作れません。

当然、欠陥細胞なのでその働きも十分ではなく、老化やガンの原因になると考えられています。

核酸には損傷した遺伝子を修復する作用があると考えられています。

 

 

イオン導入はクリニックでするのが一番?自宅でも可能?

最近では、自宅用の「イオン導入美顔器」も販売されていて、イオン導入はより身近なものになりつつあります。

ただし、自宅で行う際には注意が必要です。

まず、お肌の奥にプラセンタを届けるため、無添加のプラセンタエキスを使用することが大切な条件となります。

防腐剤などが入っていないため、開封してスグに使用するなどの品質管理も大切!

万が一劣化したプラセンタエキスを使用すれば、お肌に悪影響を与える可能性も十分に考えられるでしょう。

医療機関であれば肌の状態にあわせて、ケミカルピーリングや、他の有効成分と混ぜてより肌への効果を高めることも出来ます。

イオン導入機の威力も家庭用とはまた違うので、確実に、より早く美肌効果を感じたいならば、クリニックでのイオン導入を検討すると良いかも知れませんね。

ちなみにクリニックで掛かる費用は、メニューによっても違いますが3,000円~15,000円程度(1回)です。

 

 

まとめ

プラセンタエキスをお肌の奥まで届けるイオン導入で、プラセンタの力を最大限に引き出すことができます。

プラセンタエキスのイオン導入は、1週間に1~2度の頻度で続けると効果が出やすいと言われています。

継続してクリニックに通う予算と時間があるのか、自宅で管理を徹底して行った方が良いのかを考え、自分のライフスタイルに合った方法を上手取り入れてみましょう。


関連記事


プラセンタサプリ人気&おすすめランキングを大公開!!