こんにゃく芋成分ってどんな美容・健康効果があるの?

こんにゃく芋には、こんにゃくセラミドという高い保湿作用のある成分が含まれています。

肌をしっかりと保湿することで、健康な肌を作ることができるのです。

また、身体そのものの健康にも関わる成分が含まれています。

ここでは、こんにゃく芋成分に期待できる美容・健康効果をご紹介します。

こんにゃく芋とは


こんにゃく芋は、スーパーなどで購入できるこんにゃくの原料です。

縄文時代から日本に渡来したといわれている植物で、5年に1回の頻度で花を咲かせます。

水分が主体となっているため、非常に低カロリーの食品であり、生活習慣病予防などに役立ちます。

こんにゃくは、こんにゃく芋を乾燥させて粉末状にしたものとお湯を混ぜて作られます。

こんにゃく芋に含まれる成分


こんにゃく芋には、

・美肌効果
・健康効果

が期待できます。

それぞれ、どのような成分による効果なのかお伝えします。

こんにゃくセラミド

こんにゃく芋には、人の肌にも存在する高い保湿効果を持つセラミドとブドウ糖が結合した「こんにゃくセラミド」が含まれています。

こんにゃくセラミドは

・米
・小麦
・大豆

などにも含まれていますが、こんにゃく芋にはそれらの10倍前後ものこんにゃくセラミドが含まれているのです。

グルコシルセラミド

セラミドは、肌の新陳代謝によって作られます。

肌に蓄積される際には、グルコシルセラミドとスフィンゴミエリンに分解されるのですが、最終的に酵素によってセラミドに戻ります。

このセラミドの再合成には、グルコシルセラミドが必要であるため、これが不足すると結果的にセラミドが不足してしまうのです。

セラミドは肌の保湿を司る重要な成分であるため、不足すると乾燥肌になります。

セラミドは、全部で7種類あるのですが、グルコシルセラミドが関係しているのはセラミド1と呼ばれるものです。

セラミド1は、アトピー性皮膚炎や魚鱗癬(ぎょりんせん)などの病気と深い関わりがあるといわれているため、不足しないようにグルコシルセラミドを摂ることが大切です。

なお、グルコシルセラミドは生芋こんにゃくに多く含まれています。

しかし、こんにゃくを毎日のように摂ることは難しいので、サプリメントを利用するとよいでしょう。

グルコマンナン

こんにゃく芋には、グルコマンナンという食物繊維が含まれています。

直接腸まで届く性質を持つため、便秘や下痢の改善に役立ちます。

腸には、身体の免疫細胞の半数以上が集まっているといわれているため、腸内が健康であれば免疫力が高まり、感染症やがんなどのリスクが下がるのです。

便秘になると、便が長時間腸内に留まることになります。

そうなると、便がやがて腐敗して、ガスや有害物質、発がん物質などが排出されます。

通常であれば、おならとして体外へ排出されるのですが、便秘の場合は腸内が詰まってしまっているため、ガスや有害物質が行き場を失ってしまうのです。

行き場を失ったガスや有害物質は、毛穴から排出されます。

その処理に肌細胞が終われることで肌の新陳代謝が低下して、肌が乾燥しやすくなると考えられています。

こんにゃくを摂って便通を改善させることで、健康効果だけではなく、美肌効果も得られるのです。

また、グルコマンナンには

・血糖値の上昇を抑える
・コレステロール値を下げる

働きもあります。

食後は血糖値が急激に上昇しており、それにともなって膵臓からインシュリンが分泌されます。

インシュリンが血液中の糖質を取り込むことで血糖値が下がるのですが、糖質の摂り過ぎや早食いなどによって血糖値が高い状態が続くことで、やがて膵臓が疲れてしまい、インシュリンの分泌が低下するのです。

そうなると、慢性的に血糖値が高い状態が続くようになります。

これは、生活習慣病の一つ「糖尿病」です。

また、血液中のコレステロール値が高くなると、血管壁が傷つき、動脈硬化のリスクが上がります。

これは、血糖値が高い糖尿病患者にも起こるため、複数の生活習慣病を合併することで動脈硬化による心筋梗塞や脳梗塞を起こすリスクが大きく上昇するのです。

こんにゃく芋を積極的に摂ることで、生活習慣病による死亡リスクを下げることができます。

ただし、グルコマンナンは水分を吸うと膨張する性質を持つので、摂り過ぎると下痢をする場合があります。

また、血糖値を下げる効果が高いため、血糖値を下げる薬と併用することで、血糖値が下がりすぎる可能性もあるのです。

こんにゃく芋だけを食べるのではなく、栄養バランスに優れた食事を摂りましょう。

そして、生活習慣病の治療中なのであれば、こんにゃく芋の摂取量について医師からアドバイスを受けることをおすすめします。

化粧品を使おう


こんにゃく芋成分を含む化粧品は多数販売されています。

そのような化粧品を日常的に使うことで、外部からセラミドを補うことができます。

身体の外側と内側の両方からセラミドを補給することで、効率的に肌を保湿できるでしょう。


関連記事


プラセンタサプリ人気&おすすめランキングを大公開!!