目尻にシミが…消す方法はある?

年を重ねると、若いころにはなかったシミがどんどん増えていきますよね。

中でも、印象に残りやすいのが目尻にできるシミです。

  • 「私にもある」
  • 「うちのお母さんにもある」

と心当たりのある方も多いのでは?

今回は、目尻にできるシミの原因と対策方法をお届けしていきます。

目尻のシミの原因は2つ!

シミの原因はいくつかあるのですが、目尻に出来るシミの原因は主に2つだと考えられています。

  • ひとつは、紫外線による老人性色素斑(日光黒子)
  • そして女性ホルモンの影響による肝斑

です。

それぞれの特徴と原因についてまとめてみました。

シミの原因の大半を占めているのが、ずばり紫外線!

  • 境目がくっきりしているシミがある
  • サイズが違うシミが複数ある

という場合は、紫外線によるシミの可能性が高いです。

  • 老人性色素斑
  • または日光性黒子

と言われています。

なぜ、紫外線によってシミができてしまうのかというと、お肌の防御機能が働いているためです。

紫外線はお肌の細胞に悪い影響を与えてしまうもの。

そのため、メラニンによって表面をガードすることによって、お肌の細胞を守ろうとしているのです。

女性ホルモンによる肝斑

また、目尻にできるシミは紫外線以外が原因となっていることもあります。

紫外線以外に考えられる大きな原因が、肝斑

などに多く、左右対称にできるのが特徴。

モヤッとしており、シミの境目が分かりにくいのも見分けるポイントです。

そんな肝斑の原因は、ホルモンバランスの乱れによるもの。

  • ピルを服用している女性
  • 更年期
  • 妊娠中の女性

に多く見られています。

また、紫外線を浴びることによって目立ちやすくなるとも考えられているので、紫外線対策や美白ケアも必須です。

 

目尻のシミの素朴な疑問

目尻のシミの原因は、紫外線。

そして女性ホルモンの影響を受けることもあることが分かりましたね。

しかし、

  • なぜ目尻ばかりなの?
  • なぜ加齢でシミができるの?

と疑問に思っていませんか。

そんな素朴な疑問の答えをお届けしていきます。

なぜ目尻にできるの?

目尻のシミの大きな原因は紫外線ですが、紫外線は体にも当たりますし、顔の他の部分にもたくさん当たりますよね。

それなのに、なぜ目尻にシミができてしまうのでしょうか。

その答えは、皮膚の厚みにあります。

身体に比べて顔は皮膚が薄く、中でも目元の皮膚はかなり薄くてデリケート。

皮膚の厚みがない分、紫外線の刺激がお肌の奥まで届きやすいのです。

また、目尻の下ですと、頬骨によって他の部分よりも高さがあるため、紫外線が当たりやすくもあります。

つまり、目尻は紫外線が良く当たるのにお肌がデリケートであるため、メラニンが生成されやすい部分なのです。

年をとると目立つのは何故?

子どもの頃はいくら日焼けをしても元通りになっていたのに、年を重ねると、いくら紫外線対策をしてもシミができてしまうことがありますよね。

その違いが何かといいますと、ターンオーバーの影響です。

ターンオーバーとは、お肌の再生のことで、加齢に伴い周期が遅くなるようになります。

若い人は、紫外線でメラニンが生成されたとしても、ターンオーバーによってメラニンが剥がれ落ちていくのです。

しかし、ターンオーバーに遅れが生じると、

  1.  メラニンを排出するまでに時間がかかり
  2.  色素沈着して
  3.  簡単には消せないシミとなってしまう

のですね。

 

目尻のシミの改善方法

目尻にシミができる理由は分かりましたが、気になるのはその改善方法ですよね。

シミ対策には長い年月がかかることが多く、本気で治したいという方にはクリニックでの治療がおすすめです。

ですが、根気良くケアを続けていくことによって、シミの目立たないお肌をゲットすることもできますよ。

ここでは、シミ対策のために行いたいセルフケア方法をお伝えしますね。

紫外線対策

シミを改善するためには、まず紫外線対策をきちんとして新たなメラニンを生み出さないことが大切です。

  • 冬の季節、雨や雪の日にも紫外線対策をしていますか?
  • 家から出ない日にも紫外線対策はしていますか?
  • 汗をかいたり数時間紫外線に当たったりあとは、日焼け止めを塗り直していますか?

実は、冬の季節であっても紫外線は降り注いでいますし、雪の日は反射によって紫外線の影響を受けやすい日なのです。

また、紫外線はガラス窓を通り抜ける性質を持っているので、室内にいる日であっても紫外線対策は大切。

紫外線に当たることで日焼け止めの効果は次第に得られなくなるので、2~3時間に1回を目安に塗り直しができるとベストです。

美白ケア

既にできてしまったシミに関しては、美白化粧品を使ってケアをしていきましょう。

美白化粧品には、

  • ビタミンC誘導体
  • アルブチン

などの有効成分やお肌の漂白剤ともいわれているハイドロキノンなどがあります。

ハイドロキノンは、皮膚科で処方してもらうことが出来るので、一度相談してみると良いでしょう。

最近、話題になることの多いプラセンタもおすすめ。

  • 保湿効果
  • 細胞の増殖や再生に働く作用

があるため、ターンオーバーの改善が期待できますよ。

生活習慣の改善

そして、忘れてはいけないのが、生活の乱れを改善すること。

「そんなの当たり前でしょう」と感じる方も多いと思いますが、

  • 食事
  • 睡眠
  • 適度な運動

と言った健康的な生活は、お肌の健康には欠かせないもの。

食事によって得た栄養でお肌が作られ、睡眠中に分泌される成長ホルモンによってお肌を修復させています。

さらに、適度な運動は血行を促し、良い成分をお肌に行きわたりやすくしてくれています。

そのほかにも

  • お酒の飲みすぎ
  • 喫煙
  • 疲労
  • ストレス

などもお肌に害を与えやすいもの。

心当たりのある方は、1つずつでも改善していくことが、目尻のシミ改善のポイントです。

 

まとめ

目尻にシミができてしまうのは、デリケートなお肌を守ろうとしているからです。

美白ケアばかりに注目されがちなシミ対策ですが、

  • 目尻に紫外線などのダメージを与えないこと
  • 生活習慣の改善によってお肌の状態をあげていくこと

が大切になってきます。

そのうえで、適切な美白ケアが出来れば、シミの目立たないきれいなお肌を手に入れられることでしょう。


関連記事


プラセンタサプリ人気&おすすめランキングを大公開!!