乳酸菌(殺菌)って書いているのは意味ある?

わたしたちの健康によい影響を与えるとされている乳酸菌。

そんな乳酸菌飲料のパッケージに「殺菌」という単語を見掛けたことがある方は多いのではないでしょうか。

せっかく乳酸菌が入っているのに、死滅していたらそれって意味がないのでは?

と思った方も多いはず。

殺菌された乳酸菌飲料には健康にいい効果があるのでしょうか。

今回は、乳酸菌(殺菌)と書かれている商品の健康効果についてまとめました。

乳酸菌(殺菌)の乳酸菌は死んでいるのか?


乳酸菌が含まれている商品として挙げられるものには、

・ヨーグルト
・乳酸菌飲料
・ワイン
・日本酒

などがあります。

これらの商品の表示を確認すると、

・「無殺菌」
・「殺菌」

のどちらかの表示がされていることがとても多いです。

乳酸菌(殺菌)について

菌とは言え立派な生き物ですから、殺菌されている乳酸菌を摂取しても意味がないような気がしますよね。

菌が生きたままの状態で腸に届くことを売りにしている商品もあるくらいですからなおさらです。

もしかして乳酸菌以外の菌が殺菌されているの?と混乱しそうになりますよね。

乳酸菌(殺菌)と表示されている商品の中の乳酸菌は、残念ながら実際死滅しています。

しかし、どうやら乳酸菌は死んでいてもわたしたちの体によい影響を与えてくれるらしいのです。

以下では、殺菌された乳酸菌を摂取する意味について説明したいと思います。

わざわざ殺菌処理をする理由


では、なぜ殺菌が必要なのか見ていきましょう。

容器を守るため

乳酸菌は、その文字からも分かる通り「酸性」の菌です。

一部の乳酸菌食品の中には、あまりに多くの乳酸菌を含むために、含まれている乳酸菌を殺菌せずに商品化してしまうと、酸の強さで容器が溶けて破損する原因になることがあるのです。

さっぱりとした酸味を保つため

ヨーグルトに代表されるように、乳酸菌は本来すっぱい菌です。

酸性ですから当たり前ですよね。

しかし、乳酸菌を多く含んだ商品は酸味が強くなりすぎてうまみが減少してしまう傾向にあります。

乳酸菌食品を商品として流通させるためには、健康効果だけでなく味がおいしくなければいけません。

味を守るために、あえて乳酸菌を殺菌することで、酸味を抑え食べやすい・飲みやすい商品にしているメーカーもあるようです。

配送を簡単にするため

生きたままの乳酸菌を含んだ商品は、多くの場合乳酸菌が死んでしまうことで味が劣化していまいます。

それを防ぐために、生きた乳酸菌を含んだ商品はチルド状態で配送されます。

しかし、商品を作る時点で乳酸菌を殺菌してしまえば、味が劣化することがない上に、常温で流通が可能となるのです。

乳酸菌(殺菌)を摂取することのメリット


乳酸菌を殺菌した状態で商品化することで、メーカー側にはメリットがあるようです。

しかし、その殺菌された乳酸菌食品を摂取する私たちにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

乳酸菌は死んでいても乳酸がなくなることはない

乳酸菌は、死滅しても菌に含まれた乳酸がなくなるわけではありません。

動物が死んでも、その体が勝手に消えてなくなるわけではないのと同じですね。

つまり、殺菌された乳酸菌を摂取しても、わたしたちの体内ではきちんとその乳酸が働いてくれるのです。

死んだ乳酸菌は他の善玉菌のエサとなる

死んだ乳酸菌(生きた乳酸菌を摂取して、それが体内で死んでしまった場合も含みます)は、他の善玉菌のエサとなることが分かっています。

わたしたちの体にはもとから様々な種類の善玉菌と悪玉菌が住んでおり、乳酸菌はその善玉菌の一種でしかないのです。

乳酸菌が死んでも、他の善玉菌のエサとなることで、腸内の善玉菌の量は増加し、腸内環境は改善されます。

ですから、殺菌された乳酸菌を摂取することは、腸内環境の改善にとって決して無駄ではないのです。

死んだ乳酸菌が免疫細胞を刺激する

乳酸菌は、その生き死にに関わらず腸内の免疫細胞を活性化させる働きがあります。

この働きによって免疫細胞が元気になれば、スーパーマリオのようにどんどん風邪やインフルエンザの原因になるウイルスや細菌を倒してくれますので、病気になりにくい体にしてくれます。

腸内の溜まった老廃物を吸着

乳酸菌は、腸内に溜まった老廃物や有害物質を吸着する働きがあります。

この作用も、乳酸菌の生き死にには関係がありません。

体内に溜まる老廃物や有害物質は、不定愁訴の原因にもなります。

毎日なんとなく体調が悪い、原因不明の頭痛がする、だるい、などの悩みがある方にも、乳酸菌食品を摂取することは有効です。

乳酸菌の生き死により続けて摂取することが大切

乳酸菌食品に含まれている乳酸菌が殺菌されているかどうかは、わたしたちの健康にとってさほど問題ではないということが分かって頂けたでしょうか。

乳酸菌食品を摂取することによって健康を増進するために大切なのは、生菌・死菌の区別に敏感になることよりも、乳酸菌食品を長期的に摂取することです。

そのためにも、まずはその乳酸菌食品が自分にとっておいしいものであるか、長く続けられるタイプ・価格のものであるかを確かめて乳酸菌食品を選ぶことが大切でしょう。


関連記事


プラセンタサプリ人気&おすすめランキングを大公開!!