乳酸菌ってどんな役割をしているの?

最近、お腹の調子が悪いという場合には、乳酸菌を摂るとよいでしょう。

腸内環境が乱れていることが原因の不調であれば、乳酸菌を摂ることで解消できる可能性があります。

また、他にも免疫力アップや発がん物質の生産の抑制などさまざまな効果が期待できます。

日常的に乳酸菌を摂るようにしましょう。

ここでは、乳酸菌の種類や役割、摂取方法などをご紹介します。

乳酸菌とは


乳酸菌は、人の身体に有益なことをもたらす善玉菌の一つです。

腸内には、善玉菌と悪玉菌、そしてどちらにも属さない日和見菌が存在しています。

これらを総称して腸内細菌といい、適切なバランスで生息していることで腸内が健康な状態に保たれるのです。

健康な腸内では、悪玉菌よりも善玉菌の方が多くなっています。

日和見菌は、そのときに多い細菌の味方をするので、善玉菌が多くなれば日和見菌もよい働きをしてくれるのです。

逆に悪玉菌が多くなると、悪玉菌が増えることによる悪影響を助長してしまいます。

乳酸菌の働き


乳酸菌には、整腸作用があります。

これは、乳酸菌が直接腸に影響を与えるわけではありません。

乳酸菌が出す乳酸が腸壁を刺激して、腸のぜん動運動を促すことで腸の状態が整うのです。

腸のぜん動運動が活発すぎると、下痢になります。

これは、便が水分を十分に吸収する前に強制的に排泄されてしまうためです。

逆に、腸のぜん動運動が悪いと、便が長時間腸の中に留まるため、便が水分を吸収しすぎてしまい、便秘になります。

便秘は肌荒れや腹部膨満感、おならが出る、腹痛などの辛い症状を伴うこともあるので、腸内環境を整えて便秘を防ぐことが大切です。

また、乳酸菌には悪玉菌を抑える働きがあります。

悪玉菌は、身体に害を及ぼす菌のことを指し、免疫力の低下や便秘、発がん物質の生産などを引き起こします。

一般的に知られている悪玉菌は、黄色ブドウ球菌やウェルシュ菌などです。

つまり、乳酸菌が多くなることで、免疫力の低下や発がん物質の生産を抑制することができます。

乳酸菌の種類


乳酸菌には、

・動物性乳酸菌と
・植物性乳酸菌

があります。

それぞれの特徴は以下のとおりです。

動物性乳酸菌

・ヨーグルト
・乳酸菌飲料

など動物性食品に含まれます。

胃液に消化されやすく、生きて腸まで届くことが難しいとされています。

しかしながら、動物性乳酸菌の中には生きて腸まで届くタイプの乳酸菌もあり、各メーカーが研究を続けています。

また、ヨーグルトや乳酸菌飲料は手軽に摂れるということも優れた点です。

植物性乳酸菌

胃酸に強いため、生きて腸まで届きやすい乳酸菌です。

・漬物
・醤油
・味噌

などの発酵食品に含まれています。

植物性乳酸菌を摂ることで、アレルギーが緩和されたとの報告もあります。

近年では、生きて腸まで届く乳酸菌として、

・乳酸菌シロタ株
・LG21乳酸菌

などが発見されています。

それぞれの特徴は以下のとおりです。

乳酸菌シロタ株

一般的に広く知られている「ヤクルト」に含まれる乳酸菌です。

精液や胆汁などに対して強いため、生きて腸まで届くとされています。

腸内では、善玉菌の一種であるビフィズス菌を増やします。

プラズマ乳酸菌

キリンと小岩井乳業による共同研究で発見された乳酸菌です。

免疫細胞に指令を出すプラズマサイトイド樹状細胞を活性化することで、免疫力を高めます。

LG21乳酸菌

胃液や胆汁に強い性質を持ち、生きて腸まで届きます。

また、胃がんの原因として注目されているピロリ菌の活動を抑制する作用もあるといわれています。

ラブレ菌

京都の伝統的な漬物である「すぐき漬け」から発見されました。

乳酸菌の効果的な摂取方法


乳酸菌は、死んでしまった状態で腸に届いても、ある程度の効果を得られるといわれています。

しかしながら、生きて腸まで届くタイプの乳酸菌が含まれたヨーグルトや乳酸菌飲料などの方が高い効果が期待できます。

また、乳酸菌は味噌や醤油、キムチなどの発酵食品にも含まれています。

和食は、乳酸菌を効率よく摂れる優れた文化であるため、和食中心の食生活をおくることをおすすめします。

洋食中心の肉類を多く摂る食生活は、生活習慣病や大腸がんのリスクを高めるため注意が必要です。

また、乳酸菌を摂るときには、乳酸菌のエサになるオリゴ糖を一緒に摂りましょう。

海藻類や果物などの水溶性食物繊維からもオリゴ糖が作られます。

乳酸菌は、一度に多量に摂取しても大きな効果は得られません。

乳酸菌が腸内にいる時間は短いため、一度に多量に摂取するよりも、毎日継続して摂取し続けた方が効果的なのです。

毎朝必ずヨーグルトを食べる、海藻類を献立に加える、果物を食べるなど、いくつかのルールを定めておくと乳酸菌を摂りやすいですよ。

ストレスに注意


ストレスを受けると、悪玉菌が増えてしまいます。

これは、ストレスによって腸の消化液の分泌が低下して、悪玉菌が生息しやすくなるためです。

生活習慣を整えるとともに、

・十分な睡眠
・適度な運動
・休日は好きなことをして過ごす

など対策しましょう。


関連記事


プラセンタサプリ人気&おすすめランキングを大公開!!