背中のシミを消したい!効果的な方法は?

背中は、基本的にシミができにくい部位です。

しかし、海やプールなど背中を露出することが多い環境にいると、シミができてしまう場合があります。

また、

  • 生活習慣が乱れている
  • 間違ったケアをしている

場合にもシミができやすくなるのです。

ここでは、背中のシミを消す方法をご紹介します。

背中のシミの原因とは

背中にできるシミの種類は、

  • 老人性色素斑
  • そばかす
  • 光線花弁状色素斑

などです。

それぞれの症状と原因をみていきましょう。

老人性色素斑

紫外線が原因で起こるシミのことで、ターンオーバーの滞りによってメラニンの排出が遅延することで発生します。

褐色系のシミができた場合は、老人性色素斑の可能性が高いでしょう。

そばかす

老人性色素斑と同じようなものですが、その原因は主に遺伝です。

しかし、老人性色素斑と同じく紫外線などの刺激を受けて増加したり色が濃くなったりします。

光線花弁状色素斑

強い紫外線を長時間浴び続けることで、やけどを起こします。

すると、1~2日後には水ぶくれができることがあります。

このような強い炎症を起こした後にできるシミを光線花弁状色素斑といいます。

花びらのようないびつな形をしていることが特徴です。

 

シミのメカニズム

全てのシミに共通するメラニン色素の沈着がどのようにして起こるのかみていきましょう。

肌が

  • 紫外線
  • 摩擦

などの刺激を受けると、活性酸素が発生します。

活性酸素は、細胞の中にあるDNAを傷つけて、皮膚がんのリスクを高めます。

このような事態を防ぐために、肌の奥深くにあるメラノサイトからメラニンが分泌されるのです。

つまり、メラニンは肌を刺激から守る重要な役割を果たしているものなのです。

光線花弁状色素斑の炎症によってシミができるのは、炎症という刺激から肌を守るためです。

通常、メラニンは肌のターンオーバーによって自然に排出されるのですが、

  • ターンオーバーの能力を超える量のメラニンが分泌されたり
  • ターンオーバーが遅延していたり

すると、排出されずに肌にシミとして沈着してしまいます。

 

背中のシミを消す方法

背中のシミを消す方法は様々ですが、高い効果が期待できるのは

  • イオン導入
  • レーザー治療

です。

イオン導入とは、

  • メラニンの還元作用のあるプラセンタエキス
  • ビタミンC誘導体などの美白成分

微弱電流によってイオン化させて肌へ浸透させる治療法です。

肌に塗るだけでは十分に浸透しない美白成分を肌にしっかり浸透させることで、シミが消えやすくなる可能性があります。

レーザー治療は、メラニンの黒色に反応するレーザーを照射してメラニンを破壊する治療法です。

破壊されたメラニンは、体内の免疫であるマクロファージによって分解されて体外へ排出されます。

 

生活習慣の改善と美白化粧品によるケア

  • レーザー治療
  • イオン導入

を受けるとともに、

  • 生活習慣の改善
  • 美白化粧品によるケア

をしましょう。

肌のターンオーバーには、生活習慣が大きく反映されます。

  • 睡眠不足
  • 偏食
  • 運動不足

などが続くとニキビなどの肌トラブルが起こりやすくなりますが、これはターンオーバーが乱れているためです。

ターンオーバーを整えるためには、

  • 十分な睡眠
  • 栄養バランスのとれた食事
  • 血流促進のための適度な運動

が必要です。

そして、メラニンの還元作用のある美白成分を含む美白化粧品を様々なタイミングで使うようにしてください。

生活習慣の改善

ターンオーバーに関わる成長ホルモンは、入眠から3時間のうち熟睡しているときに多く分泌されます。

睡眠中は、

  • 浅い睡眠
  • 深い睡眠

をくり返しており、浅い睡眠が極端に多くなると成長ホルモンの分泌が少なくなってしまいます。

深く眠るために、睡眠環境を見直しましょう

寝る前にスマホやテレビの画面などを見ると、身体の機能を調節している自律神経のうち交感神経が優位になります。

すると、身体が活発になって眠りにくくなるのです。

眠る前は、

  • 間接照明をつけて読書をしたり
  • 目をつむって安静にしたり

しましょう。

食事では、

  • ビタミンA
  • ビタミンB2
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • 亜鉛

などをしっかり摂るようにしてください。

肌の元になるタンパク質も十分に摂りましょう。

特定の栄養に偏ってしまうと、結果的にターンオーバーが滞ってしまいます。

そして、これらの栄養を肌へ届けるために、

  • ジョギング
  • ウォーキング
  • 水泳

などの有酸素運動をしましょう。

激しい運動は必要ありません。

気持ちよく運動できていると感じる程度の強度で行うことが大切です。

美白化粧品によるケア

  • プラセンタエキス
  • ビタミンC誘導体
  • エラグ酸
  • コウジ酸

など様々な美白成分があります。

これらの成分を含む

  • 化粧水
  • 乳液
  • ファンデーション

などを使用しましょう。

様々なタイミングで美白化粧品を使用することで、効率よくシミを消せる可能性があります。

石油系界面活性剤が含まれたボディソープは肌に刺激を与えるので避けましょう。

また、

  • セラミド
  • コラーゲン

などが配合されたものを使うと、肌がうるおいやすくなります。

肌がうるおっている状態は刺激に強くなっているので、

  • シミ予防
  • シミの改善

に繋がるのです。


関連記事


プラセンタサプリ人気&おすすめランキングを大公開!!