もうシミを作りたくない!シミを防ぐ方法まとめ

一度シミができてしまうと、次々とシミが増えていくことがあります。

このような場合は、身体の中や生活習慣などに原因があると考えられます。

これ以上シミを増やしたくないのであれば、原因を突き止めてしっかり対策しましょう。

ここでは、シミを防ぐ方法をご紹介します。

シミとは


シミは、メラニン色素が沈着してできます。

メラニン色素は黒色をしているため、肌に沈着すると茶色や黒色になるのです。

「シミ=メラニン色素」ということで、メラニン色素に対してマイナスイメージを持つ方もいるでしょう。

実は、メラニン色素は人の生命を守っているものと言っても過言ではないのです。

肌細胞の中にある核の中には、DNAがあります。

紫外線を受けると、DNAが破壊されたり変異したりして、がん細胞が発生します。

通常、免疫細胞ががん細胞を排除するため、紫外線を受けてすぐにがんができることはありません。

また、紫外線を受けるとメラニン色素が分泌されて、DNAへの悪影響を防いでいるのです。

このように、いくつものブロック機能が働くことで、人はがんにならずに生きていられるのです。

海や屋外のプールなどで長時間過ごすと日焼けをします。

日焼けをすると肌が黒くなりますが、それはメラニン色素によるものです。

メラニン色素は、肌の新陳代謝(ターンオーバー)によって排出されるため、日焼けをした状態からいずれ回復します。

しかし、ターンオーバーが乱れているとメラニン色素を十分に排出できず、肌に沈着してしまうのです。

これがシミのメカニズムです。

シミを防ぐ方法


メラニン色素は、紫外線だけではなく、衣類の摩擦や外傷、火傷などでも分泌されます。

そのため、シミを防ぐためには、これらの問題を未然に防ぐ必要があるのです。

肌に刺激が及ばないように、肌に優しい綿の衣類を着用しましょう。

また、外傷や火傷をした場合には、炎症が強くなる前に薬で対処することが大切です。

非常に強い炎症を起こすと、それだけメラニン色素が多く分泌されて、シミになってしまう可能性が高くなるのです。

このような炎症によるシミを「炎症後色素沈着」といいます。

紫外線対策

メラニン色素が分泌される原因は多々ありますが、中でも紫外線による影響が最も強いと考えられています。

そのため、1年を通して紫外線対策が必要です。

年齢が若いと、紫外線対策をしなくてもシミができる心配は少ないのですが、加齢によって肌のターンオーバーが乱れることで、将来的にシミができる恐れがあります。

肌にダメージを蓄積させないためにも、紫外線対策を徹底しましょう。

代表的な紫外線対策の方法には、

・日焼け止めクリーム
・日傘
・サングラス
・アームカバー

などがあります。

日焼け止めクリームを選ぶ際には、SPFとPA+の値に注目しましょう。

SPFは、どれだけ紫外線による影響が現れるまでの時間を引き延ばせるか、PA+はどれだけ強い紫外線を防げるかを示しています。

普段づかいであれば、PA++~+++程度のものでよいでしょう。

PA++++以上のものには、肌に刺激になる紫外線吸収剤が使われている可能性があるので、真夏の海水浴など以外では使わないことが大切です。

また、SPFは高いものの方がよいとされていますが、日焼け止めクリームは汗で簡単に流れてしまうので、こまめに塗りなおさなければなりません。

ターンオーバーを整える

肌のターンオーバーを整え、紫外線対策をすることで、ある程度の年齢まではシミのない肌を保つことができるでしょう。

ターンオーバーには、

・睡眠
・食生活
・ストレス
・加齢

などが関係しています。

睡眠不足になると成長ホルモンの分泌が低下して、ターンオーバーが乱れてしまいます。

入眠から3時間のうち深い眠りについているときに成長ホルモンが多く分泌されるので、睡眠環境を整えることが大切です。

寝る前に脳が活性化するような激しい運動やテレビゲーム、スマホの画面を見るなどの行為は避けてください。

1時間前には床につき、静かに過ごすことをおすすめします。

また、食生活においては、肌の原料となる

・タンパク質
・ミネラル
・ビタミン類

をしっかり摂ってください。

特に、外食することが多いと脂質を摂り過ぎてしまい、他の栄養素が不足する傾向があるので、必ず毎食サラダを食べるなど対策しましょう。

そして、栄養を肌へとしっかり届けるために、適度な運動をしましょう。

運動をすることで、血流が促され、肌のターンオーバーが整いやすくなります。

スキンケアを見直す

肌をゴシゴシと擦るようなスキンケアは、メラニン色素の分泌を招きます。

それだけでシミができるのではなく、ターンオーバーの乱れや紫外線の影響などと重なることでシミができてしまうのです。

顔も身体もゴシゴシと擦るのではなく、泡で優しく洗いましょう。

そして、入浴後はすぐに保湿ケアをしてください。

5分も経つと肌の乾燥が始まるので、最優先で保湿することが大切です。

その際には、

・セラミド
・ヒアルロン酸

といった保水力が高い成分が配合された化粧品を使いましょう。

すでにできているシミに対しては、

・プラセンタエキス
・ハイドロキノン
・トレチノイン
・エラグ酸

などを含む化粧品を使用しましょう。


関連記事


プラセンタサプリ人気&おすすめランキングを大公開!!