肌のシミやくすみの原因は?対策方法はある?

お肌のシミやくすみに悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

美白ケアを頑張ってみたものの、いまいち効果を実感できないなんてことはありませんか?

実は、シミやくすみの対策は、美白ケアだけではありません。

シミやくすみの原因と対策について見ていきましょう!

4つのシミタイプと原因

  • 「シミって紫外線のせいでしょ?」
  • 「美白化粧品を塗れば良いんでしょ?」

そんな風に思っている方も多いはず。

しかし、シミと言ってもいくつかの種類があり、それぞれ原因も対策も異なってくるものです。

まずは、自分のシミタイプが何に当てはまるのかチェックしていきましょう。

老人性色素斑(日光性黒子)

シミの中でも、もっとも多いのがこのタイプ。

  • 大きさには決まりはない
  • 頬骨などの高いところに多く
  • 薄茶色から次第に黒っぽくなっていく

のが特徴です。

そんな老人性色素斑の原因は、紫外線

紫外線を浴びることで、メラノサイト(色素形成細胞)が活発に働くようになり、メラニンが大量に作られてしまうことで、老人性色素斑が作られます。

対策には、

  • 紫外線対策
  • 美白化粧品

によるケアが基本です。

そばかす(雀卵斑)

そばかすもシミの種類のひとつ。

雀卵斑と呼ぶこともあります。

既にご存知の方も多いかと思いますが、小さな薄茶色の点が頬に散らばっているのが特徴。

そばかすの原因の多くは、遺伝によるものだと言われています。

そのため、美白化粧品での対策で効果を得にくいものです。

また、紫外線によるダメージを受けると、より目立ちやすくなるため、紫外線対策の徹底が大切です。

炎症後色素沈着

ニキビのふくらみは消えたのに、色だけが残ってしまった経験がある方もいるのではないでしょうか。

そのように、ニキビや傷跡がそのままシミとして残ってしまった状態が、炎症後色素沈着です。

対策は、

  • 美白化粧品でのスキンケアが基本
  • ニキビ肌を改善する
  • 患部を触らない

ということです。

肝斑

肝斑は、目の下~頬骨のあたりに左右対称にみられるシミのこと。

老人性色素斑と見分けがつきにくいのですが、

  • 左右の頬骨に沿って広範囲で薄いシミがある
  • シミの境界線が分かりにくい
  • 妊娠中や更年期の方
  • ピル服用経験がある方

などは肝斑の可能性があります。

また、老人性色素斑と混ざっている場合もあるので注意が必要です。

肝斑の原因は、

  • 紫外線によるダメージ
  • ホルモンバランスの乱れ

紫外線対策をしっかりと行うことが大切です。

また、顔の

  • 洗いすぎ
  • 触り過ぎ

にも気を付けましょう。

  • 美白化粧品
  • トラネキサム酸の飲み薬

によっても改善がみられることもあります。

 

5つのくすみタイプと原因

お肌の一部が変色するシミとちがって、顔全体から透明感が消えてトーンダウンしてしまっている状態をくすみと言います。

くすみも原因別に5つのタイプに分類されています。

自分のくすみがどれに当てはまるかチェックしていきましょう!

乾燥型

肌の透明感が失われ、カサついているタイプのくすみが乾燥型。

お肌にうるおいがなくなり、肌理(キメ)が乱れてしまうことが原因です。

肌理が整っているお肌がきれいに見えるのは、光が当たって反射しているからだと言われています。

しかし、肌理が乱れているお肌では、光をうまく反射させることができず、輝きを失っているように見えてしまうのです。

  • セラミド
  • ヒアルロン酸

などの保湿効果の高い化粧品を使って、お肌にうるおいを与えてあげることが、とても大切になってきます。

血行不良型

青黒く、血色が悪く見えてしまうタイプのくすみが血行不良型です。

名前の通り、血行不良により、お肌の細胞に栄養素が行き届きにくくなってしまうことが原因です。

対策は、とにかく血行を促してあげること

基本的なことではありますが、

  • 適度な運動や入浴
  • 十分な睡眠

など体をあたためてあげることがとても大切です。

糖化型

茶色っぽい黄色をしているくすみを糖化型と言います。

糖化型くすみの原因は、AGEsという物質を作り出してしまうこと!

  • 身体(たんぱく質)に食事(糖質)が入り
  • 体温の熱が加わること

でAGEsが発生します。

AGEsは、

  • 毒性が強く
  • 老化を促進する

働きを持っています。

長い年月をかけて蓄積していくことによって、肌色がくすんだり、さまざまな老化を引き起こしたりするようになるのです。

そんな糖化を防ぐためのポイントは、必要以上に糖質(炭水化物や糖分)を摂り過ぎないこと。

そして、食事はサラダから食べるなど血糖値の急上昇を防ぐ工夫が大切です。

メラニン型

メラニン型は、日焼けのように茶色くなったり色むらがあったりするくすみのことです。

紫外線が主な原因で、紫外線がお肌に当たり、防御機能としてメラニンが作られてしまうことによって、暗く透明感のないくすみとなります。

対策は、とにかく紫外線に当たらないこと。

  • 日焼け止めや日傘などで紫外線対策をしっかりと行い
  • 既にあるくすみに対しては美白化粧品を使う

ことで、より確実に改善を期待することができます。

角質肥厚型

灰色がかっているくすみを角質肥厚型と言い、

  • かかと

などに多く見られています。

原因は、ターンオーバーの乱れ

お肌は約28日ペースで生まれ変わり、古くなった角質が自然と剥がれ落ちていくものです。

しかし、何らかの原因で生まれ変わりがうまくいかなくなると、肌表面に古い角質が溜まり、くすみとなってしまうのです。

そんな角質肥厚型のくすみには、

  • ピーリング
  • スクラブ洗顔

などによって、古い角質を剥がしてあげることがポイントです。

 

シミとくすみ対策の基本

シミとくすみを改善するためには、タイプごとに対策が異なってきます。

しかし、複数のシミやくすみが混在していることもあり、対策方法は多岐に渡るのが実際のところ。

ここでは、どのタイプの方にも共通している基本的な対策を3つご紹介していきます。

紫外線対策

シミ、くすみの対策で最も大切なことが紫外線対策

紫外線が原因である

  • 老人性色素斑
  • メラニン型くすみ

にはもちろんなのですが、他のタイプのシミ、くすみも紫外線を浴びることによって悪化を招くことが多いものです。

夏の晴れた日に紫外線対策をしている人も多いと思いますが、冬の季節や雪の日であっても紫外線は降り注いでいます。

夏ほど力を入れる必要はないものの、冬の季節であっても日焼け止め効果のある化粧品を活用するのがおすすめです。

また、日焼け止めの効果をしっかりと出すために、3時間ごとに日焼け止めの塗り直しをすることも大切です。

ターンオーバーを正常化

シミやくすみは、お肌のターンオーバーの繰り返しによって、ある程度の改善を期待することができます。

ターンオーバーは早すぎても遅すぎても問題があるもので、正常な周期で働かせてあげることが、シミやくすみを改善するための大きなポイントなのです。

そのための対策は、生活習慣を整えてあげること。

  • お肌は眠っている間に生まれかわるため、特に睡眠不足には注意をし、
  • 食事からたっぷりな栄養を摂取する
  • 運動によって血行を促してあげる

といったことも大切です。

保湿・美白ケア

そして最後にお伝えするのが基本のスキンケア!

特に保湿ケアは、お肌のコンディションを左右させるとても大切なものです。

水分をたっぷりと補給してあげるイメージを持って、

  • 油分が少なく
  • 保湿効果の高い

化粧品を使ってケアをしていきましょう。

特に、

  • セラミド
  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン
  • プラセンタ

などが配合された化粧品がおすすめです。

また、保湿ケアに加えて、美白ケアも行えると望ましいです。

美白効果の出にくいタイプのシミやくすみもありますが、メラニンの影響を少なからず受けていることが多いです。

  • ビタミンC誘導体
  • アルブチン
  • レチノール

などが配合されている化粧品によって、

  • メラニンを作らない
  • メラニンを排出させる

ケアをしていきましょう。

 

まとめ

シミやくすみと言っても、複数の種類があり、対策はひとつきりではありません。

基本のケアの徹底+タイプ別の対策で、明るく輝くお肌を手に入れていきましょう。

関連記事

プラセンタサプリ人気&おすすめランキングを大公開!!