シミやそばかすの原因は?予防法とスキンケア対策はある?

シミやそばかすは、紫外線に当たらない生活をしていてもできることがあります。

特に、そばかすは遺伝性のものが多いので、どうしてもできてしまう場合もあるのです。

できるだけ増やさないように、食生活や生活習慣、スキンケアを見直しましょう。

ここでは、シミやそばかすの予防と対策についてご紹介します。

シミとは


人の肌は、外側から順に表皮、真皮、皮下組織でできています。

真皮には、肌の弾力を保つコラーゲンやエラスチンなどを作る線維芽細胞があります。

紫外線が真皮へと届くと、この線維芽細胞がダメージを受けて、コラーゲンやエラスチンなどの生産が減少してしまうのです。

その結果、肌がたるんでしまい、しわができる原因となります。

このようなことは、紫外線を受けるとすぐに起こる訳ではありません。

肌の奥深くにはメラノサイトというメラニン色素を分泌する細胞があります。

紫外線を受けると、メラノサイトが活性化してメラニン色素が分泌され、紫外線が肌の奥深くへと届かないようブロックするのです。

このメラニン色素は黒い色素であるため、肌に沈着するとシミになります。

そばかすとは

そばかすは、医学的には「雀卵斑(じゃくらんはん)」といい、多くは遺伝性のものです。

シミよりも小さな黒~茶色の斑点が鼻の周りや頬を中心に現れます。

また、顔に限らず全身に現れることもあるため、悩みの種になることも少なくありません。

そばかすはシミと同じくメラニン色素でできており、紫外線を浴びると色が濃くなる特徴があります。

なお、そばかすはシミとは反対に加齢とともに薄くなる傾向があります。

シミやそばかすの原因は?


シミとそばかすのどちらもメラニン色素でできています。

メラニン色素は、肌のターンオーバー(新陳代謝)によって自然に排出されるので、ターンオーバーが正常に働いている状態ではシミやそばかすになることはほとんどありません。

しかし、ターンオーバーは

・加齢
・生活習慣の乱れ
・偏食
・運動不足
・間違ったスキンケア

などによって簡単に乱れてしまいます。

そうなると、メラニン色素の排出がスムーズに行われなくなり、シミやそばかすができてしまうのです。

そばかすに関しては遺伝性のものが多いため、メラニン色素が多量に生産される原因がなくても発症することがあります。

シミの対策


シミの対策として、

・ハイドロキノン
・ビタミンC誘導体

といったメラニンを還元する作用のある成分が含まれているスキンケア用品を使う方法があります。

これらの成分は厚生労働省より「薬用美白成分」であることが認められているため、高い効果がきたいできます。

また、他に

・プラセンタエキス
・エラグ酸
・リノール酸
・コウジ酸
・マグノリグナン

などがあります。

クリニックでは、ハイドロキノンやビタミンC誘導体などに微弱電流を流し、イオン化させることで肌への浸透性を高める治療を受けられます。

そもそも、これらの薬用美白成分が配合されたスキンケア用品を使用しても、肌の奥深くに沈着したメラニン色素を排出させることはできません。

表皮のメラニン色素であれば改善が期待できます。

そばかすの対策


そばかすもシミと同じように対策することで消せる可能性があります。

また、これ以上そばかすを増やさないように紫外線対策をすることが大切です。

シミとそばかすの予防法


シミとそばかすの予防法は、対策にもなります。

シミやそばかすができる原因を取り除くことで、発生を防げるでしょう。

また、クリニックで受ける治療効果を高めることにも繋がるので、積極的に実践することが大切です。

次のように対策しましょう。

良質な睡眠をとる

睡眠から3時間のうち、熟睡しているときには、成長ホルモンという爪や皮膚、髪などの成長に関わるホルモンが多く分泌されています。

睡眠の質が悪いと、成長ホルモンが十分に分泌されず、肌のターンオーバーが乱れてしまうのです。

良質な睡眠をとるために、寝る1時間前に入浴しましょう。

ちょうど1時間後に体温が下がり、眠りにつきやすくなります。

また、胃腸が活発に動いていると眠りにつきにくくなるので、食事は寝る3時間前までに済ませてください。

栄養バランスに優れた食事を摂る

肌の健康には、ビタミンA・C・Eがよいとされています。

これらの栄養は、緑黄色野菜や果物に含まれているので、さまざまな食材を使った献立を考えましょう。

また、タンパク質も肌の原料となるのでしっかり摂ることが大切です。

その際には、脂質の摂りすぎに注意してください。

脂質の過剰摂取は皮脂の分泌を増加させるため、肌トラブルのリスクが高まります。

適度な運動

肌の健康を維持するために必要な栄養を肌に届けるためには、血流がよい状態を保たなければなりません。

入浴や適度のアルコールの摂取でも血流を促せますが、おすすめなのは適度な運動です。

心肺機能を高めることで、全身の健康に繋がります。

1日30分のウォーキングを週に3回程度行うことを目安にしてください。

激しい運動はストレスに繋がり、それが血行不良を招くので避けましょう。

紫外線対策

紫外線の影響を受けてシミやそばかすが増えたり濃くなったりするので、日焼け止めクリームや日傘などで対策しましょう。

また、サングラスもかけることをおすすめします。

目から紫外線が入ると、脳が反応してメラニン色素を分泌します。

複数の対策を同時に行うことで、シミやそばかすの緩和や予防に高い効果が期待できます。


関連記事


プラセンタサプリ人気&おすすめランキングを大公開!!