できてしまったシミの対策方法は?

ふとしたときに現れるシミ。

普段から紫外線対策をしていない方は、シミができやすくなります。

シミは、一度できると消すことが難しいので、できるだけ作らないようにすることが大切です。

できてしまったシミは、

  • 自宅でのケア
  • クリニックでの治療

を並行して行うことで、効率的に消せる可能性があります。

ここでは、できてしまったシミの対策方法をご紹介します。

シミとは

できてしまったシミを消すために、

  • シミとは何なのか
  • どのようにしてできるのか

を知っておく必要があります。

シミの正体は、メラニン色素です。

メラニン色素とは、肌の奥深くにあるメラノサイトから分泌される色素で、

  • 紫外線
  • 摩擦

などの刺激から肌を守る役割を果たしています。

メラニン色素が分泌されても、すぐにシミになる訳ではありません。

シミとは、メラニン色素が肌に沈着したものです。

通常では、メラニン色素は肌のターンオーバーによって自然に排出されるので、肌に沈着してシミを作ることはありません。

しかし、

  • 加齢
  • 間違ったスキンケア
  • 不規則な生活
  • 偏食

など様々な原因でターンオーバーが乱れていると、メラニン色素が肌に沈着してしまうのです。

できてしまったシミを消すためには、まずはターンオーバーを整えて、メラニン色素が排出されやすい状況を作らなければなりません。

 

シミを消す方法

ターンオーバーを整えるだけでは、シミを消すことは難しいです。

クリニックで

  • イオン導入
  • レーザー治療

を受けましょう。

イオン導入

イオン導入とは、シミに有効とされる成分が肌へ浸透しやすいように、微弱電流でイオン化させる治療法です。

肌にしっかりと有効成分が浸透することで、シミの改善が期待できます。

  • プラセンタエキス
  • エラグ酸
  • コウジ酸
  • ビタミンC誘導体

など厚生労働省から認可を受けた成分が使用されます。

レーザー治療

黒色に反応するレーザーを照射して、メラニン色素を破壊します。

完全に蒸散させるのではなく、破壊するにとどまります。

破壊されたメラニン色素は、マクロファージという免疫によって分解され、自然に排出されます。

ここで注意したいのは、レーザーの照射を重ねれば重ねるほどにシミを消す効果が低くなっていくことです。

これは、マクロファージがメラニン色素を分解できる量が決まっているからです。

そのため、レーザー治療だけでシミを消そうとしても、なかなか消すことができません。

通常は、

  • イオン導入
  • 自宅でのケア

を併用します。

美白化粧品でケアをする

イオン導入で使用するような美白成分を含む化粧品でケアしましょう。

  • 化粧水
  • ローション
  • 美容液
  • 乳液
  • ファンデーション
  • 日焼け止め

なども美白成分を含むものに買い替えましょう。

常に美白成分がシミに触れている状態を作ることで、効率よくシミを消すことができる可能性があるのです。

生活習慣の改善

ターンオーバーは生活習慣の影響を受けます。

  • 睡眠不足
  • 栄養に偏りのある食事
  • 運動不足

などに心当たりがある場合は改善しましょう。

睡眠不足は、夜更かしを避けて、少しでも早く床につくようにするしかありません。

また、熟睡しているときに多く分泌される成長ホルモンがシミ対策に繋がるので、深い眠りにつけるよう睡眠環境を整えてください。

部屋の照明を消して、寝たい時間の1時間前に床につきましょう。

また、食事は寝る3時間前までに済ませてください。

胃が活発に動いていると、なかなか眠りにつけなくなります。

また、寝る時間の1時間前に上がるイメージでぬるめの湯にゆっくり浸かるのも効果的です。

リラックスしているときに優位になる副交感神経が働き、眠りにつきやすくなります。

食事では、

  • ビタミンA
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • リコピン

などシミに効果的とされる栄養をしっかり摂りましょう。

そして、肌の元になるタンパク質をしっかり摂ってください。

乾燥肌であるために

  • 刺激を受けやすく
  • シミが頻繁にできる

という方は、こんにゃくを摂ることをおすすめします。

こんにゃくに含まれているこんにゃくセラミドは、人の皮膚に水分を保つセラミドを増やす効果があるといわれています。

また、肌の環境が悪くなる脂質の摂り過ぎにも注意が必要です。

摂り過ぎた脂質は皮脂として分泌されるため、毛穴に詰まってニキビなどのトラブルが起こりやすくなります。

ニキビが悪化して強い炎症を起こすと、炎症後色素沈着によるシミができてしまう可能性があります。

そして、ターンオーバーを整えるために必要な栄養を全身に届けるために、血流が良い状態をキープすることが大切です。

適度な運動をして、血流を促進させましょう。

アルコールも少量の摂取であれば血流を促す作用があります。

ストレスは血流の悪化を招くので、ストレス解消を心がけましょう。

ストレスは、

  • シミができやすくなること
  • 免疫力の低下
  • がんへの抵抗力の低下

など重大な症状のリスクを高めます。


関連記事


プラセンタサプリ人気&おすすめランキングを大公開!!