シミを薄くしてくれる食べ物まとめ

実年齢よりも老けて見えてしまうシミ。

ある栄養素が不足しているために発生している可能性があります。

まずは、

  • 食生活
  • 睡眠状況

などを見直すことをおすすめします。

それから、

  • 美白化粧品によるケア
  • レーザー治療

などを受けましょう。

ここでは、シミを薄くしてくれる食べ物をご紹介します。

シミを薄くするための食事の摂り方

結論から言うと、食べるだけでシミを薄くする食べ物はありません。

そもそも、シミが薄くなるのは、

  • メラニンの還元作用
  • ターンオーバー

によるものです。

特に、ターンオーバーによる影響が強いと言えます。

ターンオーバーには、

  • タンパク質
  • ビタミン
  • ミネラル

など様々な栄養素が必要であるため、特定の食べ物ばかり食べていてもターンオーバーが促されることはないのです。

また、メラニンの還元作用がある食べ物の効果は、

  • 直接メラニンを破壊するレーザー治療
  • 肌に直接塗る美白化粧品

の効果には及びません。

シミを薄くしたいのであれば、

  • ターンオーバーの促進やメラニンの還元作用のある栄養を含む食べ物をしっかり摂りつつ、
  • 美白化粧品やレーザー治療
  • 生活習慣の改善

など様々なことを行うことが大切です。

 

肌の環境を整えてシミを薄くすることが期待できる食べ物

次のような栄養素をしっかり摂ることで、肌の環境が整って、シミの改善に役立ちます。

  • ビタミンA

ターンオーバーを促すとともに、抗酸化作用によって紫外線や摩擦などの刺激によって発生する活性酸素を取り除き、メラニンの沈着を抑えます。

ビタミンAは、にんじんやほうれん草、うなぎなどに多く含まれています。

  • ビタミンB2

肌のターンオーバーを促す働きがあります。

卵や鶏レバー、うなぎなどに多く含まれています。

  • ビタミンC

肌の弾力を保ち、健康な肌環境を作るために必要なコラーゲンの生成を促します。

また、メラニン色素が沈着しにくい環境を作ったり、抗酸化作用でメラニンが分泌されにくい状況を作ったりします。

ビタミンCが多く含まれている食べ物は、いちごやレモン、ブロッコリーなどです。

  • ビタミンE

ビタミンCよりも強い抗酸化作用を持ちます。

アーモンドやごま、いわし、ブロッコリーなどに多く含まれています。

  • 亜鉛やセレンなどのミネラル

肌のターンオーバーを促進するとともに、抗酸化作用によってシミができにくい状態を作ります。

いわしやわかさぎ、牡蠣などに多く含まれています。

  • エラグ酸

高い抗酸化作用を持ち、メラニンを抑える作用があります。

ザクロやベリーなどに多く含まれています。

  • リコピン

ビタミンEの100倍もの抗酸化力を持ち、肌のダメージの回復を促し、メラニンが生成されにくくします。

トマトやピーマンなどに多く含まれています。

  • アスタキサンチン

高い抗酸化作用を持ち、メラニンを抑制します。

鮭やいくらなどに多く含まれています。

  • L-システイン

肌のターンオーバーを整える作用があります。

そのため、メラニンの排出を促す効果が期待できます。

大豆や蜂蜜などに多く含まれています。

 

調理法に注意しよう

栄養素は、その種類によって効果的な摂取方法が異なります。

また、調理法によっては成分が破壊されてしまい、十分な効果が期待できなくなることもあるのです。

  • ビタミンC

ビタミンCは熱に弱いため、加熱すると十分に摂取できません。

また、水にも溶けやすいので、野菜を洗いすぎるだけでビタミンCが流出してしまうのです。

できるだけ生の状態で食べるか、加熱や流水に晒すのは短時間に留めてください。

いちごなどの果物は生で食べることが多いので、ビタミンCを摂りやすいです。

  • ビタミンAやビタミンE

ビタミンAやビタミンEは熱に強く脂と一緒に摂ることで吸収が高まります

これらの栄養素を含む食べ物は、サラダ油などで炒めて食べるとよいでしょう。

  • ビタミンB2

ビタミンB2は、熱に強い特徴がありますが、水に溶けやすいです。

とは言え、鶏レバーやうなぎなどは水に晒すことがないので、成分が失われる心配がほとんどありません

 

肌の調子を整えるための基本

どれだけ食事に注意していても、シミができやすい環境を改善できなければシミが増えてしまう可能性があります。

まず、十分な睡眠をとることを意識しましょう。

睡眠中に分泌される成長ホルモンによって肌のターンオーバーが起こるので、どれだけ栄養を摂っていても十分に睡眠をとれていなければシミが薄くなりません。

むしろ、肌が刺激に弱くなることでメラニン色素の分泌が増えやすくなり、シミができやすい体質になる可能性があるのです。

そして、ターンオーバーに必要な栄養を肌へ届けるために、適度な運動をして血流を促すことが大切です。

適度な運動とは、心拍数が少し上昇する程度の強度の運動です。

  • ウォーキング
  • ジョギング

などがよいでしょう。

激しい運動はストレスの原因となり、ストレスは血流を低下させます。

気持ちよく運動できる程度の強度で行いましょう。

また、無理に続けることもストレスに繋がるので、毎日必ず運動するといったルールを決めるのではなく、週に3回やる気が出たときにだけ運動するといった緩めのルールを決めるとよいでしょう。


関連記事


プラセンタサプリ人気&おすすめランキングを大公開!!