サプリに入っているサンフラワー油ってどんな効果がある?

サプリには、様々な成分が添加されています。

添加物によっては、身体に悪影響を及ぼすことがあるので、どのようなものが添加されているのか確認することが大切です。

プラセンタサプリを選ぶ際には、サンフラワー油が添加されているかどうか確認しましょう。

ここでは、サンフラワー油の効果について解説します。

 

サンフラワー油とは

サンフラワー油は、べに花油のことを指します。

べに花油は、食用油として使用することが一般的ですが、様々なサプリに添加物として含まれています。

新陳代謝を高めたり炎症を鎮めたりして肌の健康を守るプラセンタサプリにも含まれていることがあります。

添加物は、時として肌に悪影響を及ぼすことがあるので、サンフラワー油は問題ないのかどうか確認しておきましょう。

 

サンフラワー油の効果

サンフラワー油には、オレイン酸が多く含まれています。

オレイン酸は、不飽和脂肪酸の一つで、動脈硬化のリスクを高める悪玉コレステロールを減らす働きがあります。

悪玉コレステロールが減ると善玉コレステロールも減ることがありますが、オレイン酸の場合には善玉コレステロールが減ることはありません。

不飽和脂肪酸には、オレイン酸の他にもリノール酸やDHA、EPAなどがあり、どれも血液をサラサラにする健康志向の油として一般的に知られています。

 

サンフラワー油のカロリーと保存方法

サンフラワー油は1杯14gあたり126kcalです。

炒め物を作るときには、ちょうど14g程度の油を使用するため、食事の摂取カロリーは126kcal増えることになります。

油はサンフラワー油に限らず高カロリーであるため、使い過ぎに注意が必要です。

また、サンフラワー油は空気に触れると酸化するので、開封後はしっかりとキャップを閉めて常温で保管しましょう。なお、日光に当たらない場所で保管し、1~2ヶ月以内に使い切ることが推奨されています。強い抗酸化作用を持つビタミンEが多く配合されており、比較的酸化しにくくなっているものもあります。

 

 

サプリに添加されている理由

サプリは、カプセルタイプのものがほとんどですが、有効成分のみ入れただけではカプセルの形を維持することができません。

そういった場合に添加されるのがサンフラワー油です。

他にも、グリセリン脂肪酸エステルやショ糖脂肪酸エステルなどが添加されることが多いです。

 

 

サンフラワー油の過剰摂取に注意

サンフラワー油は、過剰摂取しない限りは身体に悪影響が及ぶことはありません。

しかし、過剰摂取するとカロリーの摂り過ぎによって肥満の原因になります。

また、肥満は高血圧や脂質異常症、糖尿病などの生活習慣病の原因となります。

肥満の場合、これらの生活習慣病を合併しやすく、動脈硬化が促進されることで脳梗塞や心筋梗塞のリスクが高まるので、「死のトライアングル」と呼ばれています。

サンフラワー油そのものは動脈硬化のリスクを下げる作用があるので、うまく食事に取り入れましょう。

また、脂質の過剰摂取は皮脂の分泌を促します。

皮脂の分泌が過剰になると、毛穴が詰まりやすくなります。

毛穴が詰まると、皮脂を餌にアクネ菌などのニキビ菌が増殖し、刺激物質を生産してニキビを引き起こします。

プラセンタには、抗炎症作用や新陳代謝を高める働きがあるため、ニキビのリスクを下げる効果が期待できますが、サンフラワー油が添加されている場合は、効果を打ち消してしまう恐れがあります。

プラセンタサプリを服用する際には、サンフラワー油の量が少ないものを選びましょう。

添加物は、多いもの順に表示されているので、できるだけ後ろの方に表示されているものを選んでください。

 

 

プラセンタサプリの選び方

プラセンタサプリは、プラセンタ(胎盤)から抽出したエキスを配合したサプリです。

その選び方を確認しておきましょう。

まず、プラセンタには、

豚由来
馬由来
人由来

のものがあります。

サプリには、豚由来や馬由来のものが使用されることが多いです。

豚由来のものは、豚を成長させる過程で投与した抗生物質などを除去してから精製するため、有効成分の含有量が少ないことが特徴です。

それに対して馬由来のものは、細菌に強い馬から採取するので、不純物を取り除く工程を省けるため、有効成分の含有量が多くなります。

ただし、豚由来のものであっても、病原体や寄生虫を持たないSPF豚由来のものであれば、馬由来のものと同じように有効成分の含有量が多くなります。

なお、プラセンタはタンパク質でできているので、豚や馬に対してアレルギーを持つ人は摂取することができない可能性があります。

まずは、プラセンタエキスが配合された化粧品などでパッチテストをして、肌に異常が現れなければ少量だけ摂取するとよいでしょう。

それでもアレルギー反応が現れない場合は、少しずつ量を増やしていきましょう。

 


関連記事


プラセンタサプリ人気&おすすめランキングを大公開!!