ためしてガッテンで紹介されたシミを消す方法って?

ためしてガッテンでは、様々な健康に関する情報を発信しています。

シミの消す方法や防ぐ方法なども紹介されていました。

ここでは、ためしてガッテンで紹介されたシミを消す方法や予防法について紹介していきます。

 

赤いシミと茶色のシミ

ためしてガッテンで放送された内容は、赤いシミや茶色のシミを消す方法です。

肌に刺激が加わることで炎症が起こり、それによって活性酸素が発生し、活性酸素からの影響を受けないようにするためにメラニン色素が生産されます。

メラニン色素は通常では自然に排出されますが、ターンオーバーが乱れていると排出しきれなくなり、シミとなって沈着するのです。

赤いシミは、炎症をともなうため、赤い色をしているのです。

茶色のシミは、炎症は起きていないものの、摩擦や紫外線による色素沈着です。

 

シミを消す方法

ためしてガッテンで紹介されたシミを消す方法は、特別なものではありません。

正しい洗顔と保湿をして、美白成分を含む化粧品でケアをするというものです。

それでは、具体的にどのようなスキンケアがシミを消すことに繋がるのかみていきましょう。

 

洗顔

正しい洗顔の方法は次のとおりです。

(1)手を洗う

汚れた手で洗顔をすると、肌に雑菌がついて肌トラブルを招く恐れがあります。

 

(2)洗顔料を手にとって泡立てる

キメ細かい弾力のある泡を作りましょう。

泡立てネットを使うと簡単にキメ細かいもちもちとした泡を作ることができます。

 

(3)擦るのではなく泡を乗せていく

皮脂の分泌が多いTゾーンに乗せましょう。

擦ると肌に刺激が加わり、シミができる恐れがあります。

続いて、Uゾーンに乗せてください。

 

(4)ぬるま湯ですすぐ

洗浄成分が残らないようしっかりとすすぎましょう。

このとき、冷たい水で洗うと肌が突っ張ってしまいます。

また、熱い湯は必要な皮脂まで落として乾燥を招きます。

38℃前後のぬるま湯ですすぎましょう。

 

(5)水分をふき取る

ゴシゴシと拭くのではなく、優しく水分を吸収させましょう。

できれば綿100%の肌触りがよいものを使ってください。

 

保湿

保湿は、化粧水や乳液だけではなく、美容液も使用して行うことが大切です。

ただし、高濃度のものは肌に刺激を与えるので、週に2~3回程度の使用に留めましょう。

シミを消したいのであれば、美白成分に特化した美白化粧品を使用してください。

保湿の順番は、

化粧水
美容液
乳液
クリーム

です。

乾燥はシミの悪化に繋がることがあるので、入念に保湿しましょう。

 

美白成分

美白成分には、メラニンの生産を抑えるものやシミを薄くするものがあります。

・プラセンタエキス

馬や豚の胎盤から抽出した成分で、ビタミンやミネラル、アミノ酸など生命維持に欠かせない栄養素が豊富に含まれています。

肌のターンオーバーを高めたり、コラーゲンの生産を促したりする作用もあります。

 

・ビタミンC誘導体

肌に浸透しにくいビタミンCを改良して浸透性を高めたものです。

ビタミンCには抗酸化作用があるため、メラニン色素の生産を結果的に抑えます。

また、コラーゲンの生産を促して、弾力ある肌を作るのにも役立ちます。

弾力のある肌は刺激を受けにくいので、シミの予防に繋がります。

 

・コウジ酸

しょうゆや味噌の生産に関わっている人の手がキレイだということで研究された結果、コウジ酸という成分に美白効果があることがわかりました。

高濃度のものは発がん性があるとの指摘がありますが、美容液に含まれている程度の濃度であれば心配ないとされています。

・エラグ酸

ラズベリーやイチゴなどに含まれるポリフェノールです。

ポリフェノールには非常に強い抗酸化力があり、シミの予防に役立ちます。

また、メラニン色素の生産に必要なチロシナーゼに含まれる銅イオンを奪い、メラニン色素を生産する力を抑える働きもあります。

 

・リノール酸

体内で作ることができない必須脂肪酸とも呼ばれています。

オリーブオイル
グレープシードオイル
コーン油

などに含まれています。

抗炎症作用や保湿効果などを持つため、シミの予防に役立ちます。

 

生活習慣を整える

シミを防ぐために、生活習慣を整えることも大切です。

入眠から約3時間の間には、熟睡している場合に限り成長ホルモンが多量に分泌されます。

成長ホルモンはターンオーバーに関与しています。

つまり、良質な睡眠をとることでターンオーバーが促進され、メラニン色素の排出が促されるのです。

ターンオーバーは次のような原因で乱れます。

・ストレス
・運動不足

ストレスを受けるとホルモンバランスが崩れ、さらには自律神経までも乱れてしまいます。

その結果、血流が悪化したり免疫が低下したりして、肌に悪影響が及びやすくなるのです。

血流が低下すると皮膚に十分な栄養を送り届けることができなくなるため、ターンオーバーが乱れます。

また、運動不足も血行不良を招くので、ターンオーバーの乱れに繋がります。

 

関連記事

プラセンタサプリ人気&おすすめランキングを大公開!!