”プラセンタ点滴”|サプリやドリンクと点滴や注射の違いとは?

プラセンタという成分について発想聞いたことがある人は多いと思いますが、プラセンタ注射については知っている人は少なくなってしまうのではないでしょうか?

化粧品やサプリメントと同じく胎盤から抽出される成分ではあるのですが、

より健康や美容の効果が出やすい物がプラセンタ点滴。

今回は、その原料や効果、注意点についてお話ししていきたいと思います。

プラセンタ注射って何?その原料は?


プラセンタ点滴とは、厚生労働省で認可されている医薬品である「医療用プラセンタ注射薬」の事を言います。

現在認可されているのは、

・メルスモン
・ラエンネック

という二つの種類で、慢性肝疾患治療や更年期障害の治療の場合は保険適用する事ができます。

シワや肌改善などの美容目的で利用する場合は保険適用外となりますので注意しましょう。

プラセンタの原料

原料は、日本国内の正常分娩で生まれた人間の胎盤を使用しています。

血液検査などでエイズやC型肝炎などがないかを確認し、感染症などの病気の疑いがないかを繰り返し確認したのち、高圧蒸気滅菌をして無菌試験、動物試験をクリアした安全性のたかいものだけがプラセンタ点滴として利用されます。

プラセンタ注射の成分は?どんな効果があるの?


プラセンタ注射には内因性タンパク質の総称である「成長因子」が含まれており、細胞の代謝を促す効果や、増進、促進させる効果があり、少量でも大きな効果が得られるとされています。

他にもアミノ酸やビタミン、酵素など体内の細胞を作る原料となる成分もたくさん含まれています。

主なプラセンタの効果

そんなプラセンタの効果は簡単にまとめると

・疲れ
・肩こり
・腰痛
・筋肉痛
・関節痛
・シミ
・くすみ
・肌荒れ
・皮膚乾燥症
・冷え性
・更年期障害
・自律神経失調症
・月経困難症
・生理不順
・アレルギー疾患
・脳卒中による神経麻痺
・肝機能障害
・胃十二指腸潰瘍
・膠原病

など効果は様々で非常に幅広く対応できる事が分かります。

基礎代謝向上作用、創傷回復促進作用、活性酵素除去作用など20種類以上の薬理作用もあります。

プラセンタの効果について詳しく解説


プラセンタの代表的な効果についていくつか紹介します。

美白や美肌を作る

肌細胞の代謝を促進して、シミやシワ、肌のハリなどにも効果があります。

シミ治療で肝斑などの場合、肝斑に局所注射することもあります。

更年期障害や生理不順

プラセンタの持つ抗老化作用が女性ホルモンの一つであるエストロゲンの血中濃度を上げさせることによりホルモンバランスを保ちます。

肩こり

細胞活性や、血流を良くする、炎症を抑えてくれる効果があるので筋肉や関節の痛みを和らげる効果もあります。

疲労回復

細胞、血流代謝などを上げる効果により疲れの原因となる乳酸が体内にたまりにくくなります。

プラセンタのその他の摂取方法


では、注射を含めたプラセンタの摂取方法とその各メリットについて説明したいと思います。

サプリメント、ドリンク

注射よりも気軽に始められる事から、最もメジャーなのがこの摂取方法です。

健康食品として扱われています。

体内の内側から作用する方法になるため、

・免疫の強化
・抗炎症作用
・全身の血流改善

など健康面での効果が高いのが特徴です。

消化の過程でビタミン、アミノ酸しか吸収されず、成長因子は分解されてしまうのがこの方法のデメリットです。

しかしその分極めて安全性は高く、リスクが低くなっています。

点滴

点滴注射の事で、種類としては静脈駐車を指します。

静脈にプラセンタを直截注入するので、有効成分を効率よく血液に取り入れる事が出来ます。

即効性が高く、吸収力は注射の5~10倍もあります。

多くを一度に摂取できる事が特徴です。

また他の美容成分と混ぜて利用できるカクテル注射という方法もあります。

ただし持続性が低い事がデメリットです。

注射

注射の場合は、皮膚注射か、筋肉注射になります。

皮下、筋肉に一時的に蓄えられてじわじわと血中に入っていき効果を発揮するので点滴より即効性は低いですが持続力は高くなります。

即効性は低いとは言えどサプリメントやドリンクよりは高い効果を出せるのも特徴です。

プラセンタ注射!危険性はないの?


今のところプラセンタ注射を摂取して重篤な副作用は報告されていません。

安全性は高く、一時的な症状も稀

稀に

・悪寒
・悪心
・発熱
・発赤
・発疹

などの症状が出る事がありますがその場合はただちに使用を中止します。

打ったところが疼痛や発赤する事がありますが、それらはすぐに治り一時的なものである可能性が高いので問題ないでしょう。

プラセンタ注射後の献血は禁止

また、注射は認められているものの、静脈注射とカクテル注射は未認可の投与法でアルメニア為に自己責任で受けることとなります。

原料がヒト由来の臓器として当たる「ヒト胎盤エキス」なので献血が出来なくなります。

サプリメントやドリンクは大丈夫なので、利用前はよく考えてから行いましょょう。

プラセンタ注射にはサプリメントよりも高い効果があるのものの、そのぶんリスクも付いてきてしまいます。

利用する際はしっかりと主治医の説明を聞いて納得した上で利用して下さいね!


関連記事


プラセンタサプリ人気&おすすめランキングを大公開!!