トマトがシミを消すってホント?その効果のワケとは

「毎日トマトを食べるとシミが消える・・・!」

そんな噂を聞くことがありますが、それは本当なのでしょうか?

トマトがシミに与える効果とその理由についてお届けしていきます!

トマトでシミが消える理由は、リコピン!

トマトには栄養素がいっぱい!

中でも、トマトがシミに効くと言われる最大の理由、それはトマトに含まれる栄養素・リコピンにあります。

リコピンは、お肌や体に嬉しい効果をもたらしてくれる栄養素なのです。

リコピンってどんな栄養素?

リコピンは、カロテノイド(天然色素)の一種で、

  • トマト
  • スイカ
  • ピンクグレープフルーツ

などに含まれる栄養素です。

トマトやスイカが赤色をしているのは、リコピンの影響だと言われています。

また、リコピンには強い抗酸化作用があり、

  • シミ
  • シワ

などのエイジングケアのために働いてくれています。

その他にも、

  • 血行促進
  • 生活習慣病の予防や改善

の効果を持ち、美容や健康維持におすすめの栄養素です。

抗酸化作用って何?

「抗酸化作用があるからシミに効く!」言われても、「そもそも抗酸化作用って何?」という方もいるかと思いますので、簡単にご説明しますね。

抗酸化作用とは、活性酸素の働きを抑えてくれることです。

  • 紫外線
  • 大気汚染
  • 喫煙

などによって、体内にある酸素が変質すると「活性酸素」となります。

この「活性酸素」はとても厄介なもので、健康な細胞を破壊してしまうのです。

お肌の細胞が「活性酸素」の攻撃を受けることで、シミやシワなどの老化を促してしまうのです。

そんな厄介な「活性酸素」の働きを抑えてくれるのが、リコピンの持つ抗酸化作用!

トマトがシミに効くと言われているのは、このメカニズムによるものなのです。

 

シミ改善に効く!トマトの栄養素

トマトがシミに効く最大の理由はリコピンですが、もちろんそれだけではありません。

ほかにも、トマトにはお肌に嬉しいさまざまな栄養素が含まれています。

その中でも特にシミや美白に効くと思われる3つの栄養素をご紹介します。

β-カロテン

β-カロテンもリコピンと同じくカロテノイドの一種の栄養素です。

  • にんじん
  • かぼちゃ
  • ブロッコリー
  • トマト

などの緑黄色野菜に含まれていることが多いものです。

β-カロテンを摂取すると、

  • 体内に必要な量だけがビタミンAに変換され、
  • 残ったβ-カロテンはそのままβ-カロテンとして働く

のが特徴です。

抗酸化作用を持っており、

  • お肌を健康に保ったり
  • ターンオーバーを促進したり

することに働いてくれるため、シミ対策にも大切な栄養素です。

ビタミンC

美肌を保つために欠かせないと言われているビタミンC!

  • 強い抗酸化作用
  • チロシナーゼ活性阻害

という働きを持っています。

チロシナーゼとは、メラニンを作る際に必要となる酵素のこと。

つまり、チロシナーゼの活性阻害の働きによって、新しいシミが作られにくくなり、美白を保つことにつながるのです。

さらに、ビタミンCには

  • 疲労回復
  • 免疫力アップ

といった効果もあります。

これらは一見、シミとは無縁のように思いますが、

  • 疲労
  • 免疫力低下

などもお肌の細胞へのダメージを促進してしまうもの。

このようにビタミンCは、さまざまな面から

  • シミ
  • 美白

を助けてくれています。

ケルセチン

ケルセチンは、ポリフェノールの一種。

玉ねぎに多く含まれることで知られている栄養素ですが、トマトの皮にも含まれています。

ケルセチンも高い抗酸化作用を持っており、シミなどのエイジングケアに一役買ってくれる栄養素です。

さらに、ビタミンCの効果をサポートする効果も持っているので、ビタミンCと同時に摂取することのできるトマトは、シミ対策に良い食材であると言えます。

 

トマトの食べ方

ここまで、トマトが

  • シミ
  • 美白

に効く理由についてお伝えしてきました。

トマトは、サラダとして生で食べるのも良いですが、食べ方を変えると美白効果もグンとアップさせることができます。

ここでは、より効果的にトマトを摂取するためのポイントをお伝えしていきます。

真っ赤なトマトがおすすめ

まずは、トマトの選び方についてお伝えします。

トマトと言っても、きれいな赤いトマトもあれば、白っぽいトマトもありますよね。

シミ対策のために購入するならば、完熟した真っ赤なトマトがおすすめです!

トマトの赤はリコピンの色だとお伝えしましたが、赤いトマトほどリコピン配合量が格段に多いのです。

完熟したトマトとそうでないトマトのリコピン配合量の差は、約10倍とも言われています。

調理すると良い

リコピンは、油に溶ける性質を持っている栄養素です。

そのため、サラダのように生で食べるよりも、

  • オリーブオイルと合わせたり
  • 調理をしたり

して食べる方がリコピンを吸収しやすいのです。

また、ビタミンA(β-カロテン)も同様に調理をした方が吸収されやすい性質を持っています。

  • ビタミンCですと加熱すると栄養が破壊されてしまうことが多いのですが、
  • リコピンの場合は加熱しても栄養をそのまま摂取することができます。

加工されているものでOK

生のトマトに限らず、

  • ケチャップ
  • トマトジュース
  • ホールトマト

など、加工して販売されているものでも美白効果を期待することができます。

むしろ、

  • ケチャップ
  • トマトジュース
  • ホールトマト

などは完熟トマトから作られているため、生のトマトよりもリコピン含有量が多いのです!

リコピンの1日の摂取量は15mgと言われているのですが、トマトですと2~3個分となり、毎日摂取するのは大変ですよね。

それに対して、

  • トマトジュースであれば200g
  • ケチャップならば大さじ4~5杯

で1日分のリコピンを摂取することができるので、おすすめです。

 

まとめ

トマトにはリコピンを中心に、美白効果を期待できる栄養素がたっぷりと入っています。

  • サラダ
  • スープ
  • 炒め物
  • ジュース
  • ケチャップ

・・・いろんな食べ方で効果が期待できるので、続けやすい食材であると思います。

トマトを食べて、美味しく美肌づくりをしていきましょう!


関連記事


プラセンタサプリ人気&おすすめランキングを大公開!!